秩父グルメガイドブック発売

e0062530_20342245.jpg


秩父グルメガイドブックが発売されました!
情報盛りだくさん、秩父散策のお供にぜひおすすめです。

http://www.geocities.jp/hikochiguide/chicchiclub.htm
[PR]

# by chano-suke | 2010-04-22 20:36 | その他  

ちちぶアート&クラフト展

e0062530_20254279.jpg秩父のまちなかに会場を点在させ、秩父で創作活動を

している作家さんの作品を展示販売します。

参加いただく作家さんは30名を超えていますので、

様々なジャンル、面白い作品を見ることができると思います。

展示会場になるのは、ギャラリーやカフェ、駅など7ヶ所。

蔵あり、古い建物ありと、それぞれの会場自体も個性的です。

作品を見ながら、会場を見ながら、町並みを見ながら、

まち歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【期間】2010/04/21 (水)~2010/05/10 (月)
    ※各会場によって開催期間は異なります。

【会場】
・ぎゃらりーかみいし
・秩父まちづくり工房
・旧LIEBE
・北辰館
・西瓜堂
・WAPLUS
・御花畑駅

【入場料金】 無料

【主な展示販売作品】
・木のアクセサリー ・陶器 ・版画 ・ガラス
・染色 ・布小物 ・鍛鉄 ・シルバーアクセサリーなど

【参照】http://navi.city.chichibu.lg.jp/event/small.html?1271821332
http://green.ap.teacup.com/chichibu-blog/267.html#readmore
幹書房より発売中の「秩父カフェ&アートカルチャーガイドブック」が

今回の開催のきっかけとなり、この本で紹介されている作家さんや

ギャラリーがたくさん参加しています。
http://www.geocities.jp/hikochiguide/chicchiclub.htm

駅や観光案内所などで、チラシやマップも配布中です。
e0062530_20313928.jpg

[PR]

# by chano-suke | 2010-04-22 20:32 | アート  

武甲山写真展告知

e0062530_193938.jpg

武甲山と夜祭りの今と昔を写真でつづるイベントが、企画されました。
主宰は、川口市で塾を営む篠島実さん、30年間毎年秩父へ足を運び、
武甲山の移り変わりを記録し続けている方です。
地元の人間では気付かない、貴重な視点があります。

この写真展は、カメラマンとして活躍する方の作品のみならず、
幅広く一般の方の写真も募集しています。
武甲山と夜祭りに関連するものなら、色あせたスナップ写真でもOK!
複写して展示しますので、大切な写真はお手元に残ります。
参加費は無料です。
開催中に会場へお持ちいただくか、メールで画像を送るのでも可。
引き出しの奥に閉まってある歴代の武甲山写真を、ぜひご提供ください。

★メール mtbz1336◆◆yahoo.co.jp (◆◆は@にして下さい)
ぼくたちでつくる写真展の会 代表 篠島 実 宛

20年前に秩父の人が作った幻の記録映画「武甲山」、
山瀬いどむ制作、武甲山ドキュメント上映ライブなど、上映会も行われます。

「ぼくたちでつくる写真展」
こころの山・・・武甲山の今と昔、
そして武甲山信仰から生まれた秩父夜祭の今と昔

2009/11/9~11/15秩父じばさんセンター2Fで開催 (入場料無料)

幻の記録映画 武甲山(1986年田代 章治制作) 上映会
           &山瀬いどむ最新作ドキュメント上映LIVE
        2009/11/9・11/14 午後7時~午後8時30分
         (上映会有料500円★予約可)


★協賛は、団体、個人問わず一口1000円で募集中
>>>>協賛金、上映会申し込みの振込先口座>>>>>
 
①ゆうちょ銀行 10370-28611381 
          ぼくたちでつくる写真展の会

②ゆうちょ銀行振替口座 00180-6-361866 
          ぼくたちでつくる写真展の会


主催/ぼくたちでつくる写真展の会  後援/埼玉県 秩父市

さらに詳しい情報、応募先、問い合わせはこちらへ!
http://mtbz1336.blog88.fc2.com/
秩父市内では、チラシやポスターの掲示も行っています。
秩父図書館、秩父駅前五十番祭り亭、道の駅ちちぶなどに
置いてあります。

手作り感覚の展示企画です。
どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。
[PR]

# by chano-suke | 2009-10-06 19:03 | アート  

秩父カフェ&アートカルチャーガイドブック

e0062530_19573580.jpg

多忙のためブログ更新がすっかりご無沙汰になってしまいました。それでもGW中のアクセスが100を越えた日があったのでビックリです。放置ブログに訪れていただいてありがとうございます。なんだか申し訳ないやら。

久々更新の今回は、耳より情報をアップ!秩父のカフェとアートカルチャーをまとめた本ができました!秩父出身の漫画家、比古地朔弥編集による「秩父カフェ&アートカルチャーガイドブック」、幹書房より発売中です。秩父でカフェ?アート?なんてイメージないかもしれませんが、実はお洒落な店が続々オープンしているのです。そして隠れ里のごとくアーティストが住んでおります。趣味でアートを嗜む人の数も、とても多い土地なのであります。

カフェや喫茶を筆頭に、デザイン雑貨などのショップ、ギャラリーや美術館などの文化施設、伝統芸能に作家、職人、便利なマップや日帰り温泉、銭湯、札所、地場野菜やお土産の紹介もついています。p160に150件以上の情報が詰まって、モノクロながら魅力的な写真がいっはい、記事も読み応えあります。これで税込み1300円は安いとの声高し。地元の人もここまで知らなかった!というレア度。chano-sukeも実はスタッフ参加しておりまして、このブログの写真も提供しております♪

販売は秩父はもちろん埼玉全域の書店、都内大型店でも少々と基本的な流通地域は限られていますが、amazonnや楽天などでネット販売も取扱中です。
秩父では書店の他にも販売店があります。道の駅ちちぶ、秩父駅じばさんセンター、西武秩父駅仲見世通りでは知知夫手づくり工房、織物民芸へんみ、長瀞では岩畳商店街かめや、などなど。

良い本です。自信持ってオススメ!

案内HPhttp://www.geocities.jp/hikochiguide/chicchiclub.htm
[PR]

# by chano-suke | 2009-05-06 20:26 | アート  

月の石もみじ公園 (上長瀞)

e0062530_17594622.jpg
上長瀞月の石もみじ公園の紅葉です。今こんな感じ。もうすぐライトアップも始まります。
e0062530_1805047.jpg

秩父地域の紅葉ライトアップでは、私が知る限りここが最高です。温かい格好をしてぜひお出かけをば。

ライトアップ11月15~30日
長瀞観光協会HPhttp://www.nagatoro.gr.jp/topics/index.htm
[PR]

# by chano-suke | 2008-11-11 18:03 | スポット  

名家の名残の金木犀

e0062530_041917.jpg
どこからともなく金木犀の良い香りが漂ってくる季節です。こちらは秩父の町の中心地、商店街の裏通りにある見事な一本。巨木、とはまだ言えないかもしれないけど、むくむくモコモコと思い切り枝を伸ばした姿は十分な迫力。駐車場の入り口にポツンとありますが、更地になる前はここに立派なお屋敷があったんだそうな。その名残がこの金木犀なのです。
e0062530_045193.jpg
たわわに咲いた花からは夢のような甘い香り。夕方になると一段強く香ると聞きます。この木を植えたお屋敷の主は、今いずこにいるのでしょうか。
[PR]

# by chano-suke | 2008-10-11 00:52 | 巨木  

秩父カフェ&アートカルチャーマップ

e0062530_164558.jpg
秩父のカフェと文化スポットを網羅したマップができました!これは秩父散策に便利です。カフェの他、美術館やギャラリー、文化施設、工芸、酒蔵、温泉、雑貨屋、レトロなお店や銭湯まで載ってます。今まで無かったジャンルのマップですよ。しかもサービス券付!
道の駅や駅前の観光案内所、掲載している店舗などで入手可能、ネットでも閲覧、プリント可能だそうです。
来年の春にはガイドブックも発行予定!期待大ですね。
http://www.geocities.jp/hikochiguide/chicchiclub.htm
[PR]

# by chano-suke | 2008-10-07 16:10 | アート  

アウローラ21

e0062530_20375664.jpg
秩父の葡萄農家は頑張っています。秩父山ルビーという新種が発売されているのですが、今年はすでに売り切れで入手できず。栽培が難しい上にまだまだ育っている数が少なくて、お盆頃の販売開始と共にあっという間に売り切れてしまうようです。そんな詳しいことも知らずに出遅れて葡萄農園へ出向いたのですが、思わぬ掘り出し物がありました。それは写真の「アウローラ21」!栽培に特許がいる品種で、日本ではまだ15軒の農園でしか栽培してないのだとか。市場にも出回ることが少なく、都内でさえもまだわずかしか取り扱われていない。当然秩父作っているのは一軒だけでして。またこれで入手困難になると嫌なので、詳しい場所は内緒ですよ~あしからず。まーでも、ネットの世界ではすぐ分かることですわな。

皮ごと食べれる種なし葡萄、一房2200円なり。これでも安いのを選りすぐって買いました。農園直販じゃなかったら、この三倍はお値段が張るという超高級葡萄であります。丈夫なふっとい枝にパツパツの実。シャリッとした食感、そして香り高く甘い!さすが!おいしゅうございました。

来年は幻の秩父山ルビーもゲットしたいものです。

秩父観光ぶどう農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/budoen.htm#top
[PR]

# by chano-suke | 2008-09-09 21:03 | フルーツ  

そば処ちちぶ花見の里~そばの花見祭り~ (荒川)

e0062530_17594015.jpg
ちちぶ花見の里の蕎麦の花が満開になりました!6月7~8日はそばの花見祭りが行われ、私もちょっくら寄ってみることにしました。
e0062530_182163.jpg
見事見事、一面に広がる蕎麦畑。ここまで広い蕎麦畑は秩父では珍しいんじゃないでしょうか。ここは何年か前は半分以上ひまわり畑だったんですよ。世界のひまわり展は終わりにして、蕎麦一本にしたんですね。秩父原産の蕎麦が増えるのは嬉しい限り。
e0062530_185283.jpg
e0062530_18101662.jpg到着したのは7日の15時半、もう終わりかけのころでした。蕎麦を出店していたのは「和味」「あらかわ亭」「樹の店」の三店舗、ほとんど売り切れてました。が、無事「和味」の蕎麦をゲット!500円で「和味」のもりそばが食べられるなんて来たかいあります。ちなみにかき揚げは200円。「和味」は割り箸を止めて木の箸を導入したエコなお店でもあるのですが、こういう祭りの席でも洗い箸を用意しているのがエライですね。

この他、お土産品や農産物売り場、たらし焼きなどのテントも出ていました。秋の蕎麦祭りよりは規模が小さい感じです。でもこうやって良い会場が出来たわけだし、秋もここで開くようになるといいですね。

デザートに蕎麦クレープも食べちゃいました。珍しいあずきのトッピングがあったのでそれをチョイス。予想外に生クリームもたっぷり、けっこうなボリュームでしたwでも美味しかった!
e0062530_1817477.jpg
秋の蕎麦祭りは良く行きますが、春蕎麦の祭りをやるのは今回が初めてでは?私がこのイベントを知ったのは、秩父市よいまちモニターからのお知らせでした。メールでアンケートに答える登録だったのですが、いつのテレビ番組で秩父が出るとか、イベントがあるとか、意外と秩父満喫情報を知らせてくれるのでした。最初どうしようか迷ったけど、登録してみて良かったですw
e0062530_18204989.jpg
最後に、蕎麦畑ごしの武甲山。荒川辺りからだとこんな角度で見えます。

ちちぶ花見の里は団体専用で普段店舗は開いてないですが、敷地内に完全循環型のバイオマストイレが設置されました。まだまだ珍しいこの公衆エコトイレ、ちょっと立ち寄ってみる価値ありそうです。

奥秩父荒川観光ガイドHPhttp://www.okuchichibu-ak.com/index.htm
[PR]

# by chano-suke | 2008-06-10 18:24 |  

寺坂棚田学校~田植え~ 2008 (横瀬)

e0062530_17291911.jpg
2008年6月1日、寺坂棚田学校の田植えが行われました。写真一枚目、まだ田植えが始まってない田圃の水面に武甲山が映っています。そういえばこんな絵にお目にかかったのは初めて。こういうショットが撮れるのも水を張ってからのほんの一時かもしれません。
e0062530_17303194.jpg
植える稲は古代米です。古代米はいくつか種類がありますが、棚田学校で使用するのは浅紫という黒米です。古代米としてはメジャーな品種らしいです。白いお米にちょっとまぜて炊くとお赤飯に。お赤飯の色は元々は小豆じゃなくて古代米で赤くしていたんだそうですね。棚田学校で収穫をもらってから、元祖お赤飯をよく食べるようになりました。
e0062530_173906.jpg
腰をかがめて一つ一つ、手で植える作業。身体は辛いけど、面白かったです。今でも太ももの裏が筋肉痛wこの時の様子は1日の夕方NHKでも放送されました。ずらっと並ぶ人の中に自分も発見!おおっNHKデビュー!ほとんど顔映ってないけどw

学校に参加している人の9割以上が、今年も秩父外からの人達です。地元民としてはちょっと淋しいかなー。場所が横瀬というのもあって、秩父の人はここで田圃学校をやっていることすらもほとんど知らない雰囲気です。埼玉県最大の棚田、という枠で考えると埼玉県民というくくりで保存活動に精を出すのは正しいですけどね。でも都内や千葉から足を運んでいる人もいるんですよー。ご苦労様です。
作業には生徒で登録してない人も参加できるので、お友達とかも誘えます。そのせいか、なんとなく去年より若い人が増えたような気がしますね。
e0062530_17422100.jpg
田植えと稲刈りの時はお昼が振る舞われます。毎回これが励みになってます。古代米入りのおこわと豚汁、漬け物、大変おいしゅうございました。

田圃作業が身に付いていればオーナーとなって区画を借りることもできて、そうなったら自分のペースで作業もできます。ゆくゆくは私もそうできたらいいかなーと思ったりしてます。こういうご時世だと、自分で作物を作れるようになった人が一番強いのではと、そんな風に感じて参加し始めたのも大きいんですよね実は。

後日、懇意にしている神主さんから古代米について聞いた話があります。日本で米といえば「白米」が一番、他は雑穀扱いとなったのは明治以降のことで、元祖は古代米なのだそうです。今でも元来の流れを尊ぶ神事では古代米が使用されているのだとか。なので白米に押されて衰退していった古代米を守り伝え、栽培を続けてきたのは神職だったのだそうな。けっして途絶えされてはいけない必要なものだったということです。そう知ると、地元で古代米の栽培が広がっていることや、それに参加しているのが何だかとても光栄な気持ちになります。

古代米は実も小さく栽培も難しく、収穫も少ない品種だけれども、栄養価は白米よりずっと高い。もっともっと増えていって、たくさんの人に食べて欲しいなあと思います。

寺坂棚田http://www2.tba.t-com.ne.jp/k181/
[PR]

# by chano-suke | 2008-06-03 18:13 | スポット  

古代米ジャム

e0062530_1537939.jpg
秩父の名産品開発がここのこと活発ですよ。次々といろんな商品が誕生しています。その中の一つ、「古代米ジャム」をご紹介。こちらは秩父産の古代米で作られています。米のジャムって珍しいですね。薄い箱の中には小分けにパックされたジャムが入っています。合成保存料、合成着色料未使用なので品質を保つためでしょうか。ちょっとランチ用になど、持ち運びしやすそうです。

古代米というのは現代の白米よりずっと栄養価が高いのですよ。動脈硬化予防など薬膳効果が期待できるお米なのです。おまけにこのジャムには乳酸菌もプラスされていて、その数約500億個とか!ヘルシージャムですね~。

肝心のお味の方は、ほんのり穀物風味はあるでしょうか。ブルーベリーぽいなと思ったらエキスが入っているようです。なのでジャムっぽい酸味もあり、馴染みやすく食べやすい味。美味しかったです!私は秩父駅じばさんセンターでゲットしましたが、道の駅など秩父のお土産品売り場にはあちこち出回ってるようです。秩父産古代米の製品は、ジャムの他キャンディーなども発売されてます。

秩父で古代米が作られている場所は、私が知ってるところでは横瀬の寺坂棚田です。去年に引き続き今年も棚田学校に参加してしまいました。受講生の田植えは6月1日に行われる予定です。昔ながらの、一つ一つ手で植える田植えの風景が見られることでしょう。って自分は植える側の人な訳ですが(笑

寺坂棚田http://www2.tba.t-com.ne.jp/k181/
[PR]

# by chano-suke | 2008-05-27 15:58 | お土産  

秩父高原牧場のポピー畑

e0062530_2272368.jpg
圧巻!「天空を彩るポピー」との謳い文句は伊達じゃありません。標高500メートル、皆野町~東秩父村にまたがる秩父高原牧場に真っ赤なポピー畑ができました。噂を聞きつけ初めて訪れたのは去年のこと。なのでこの写真は2007年のものです。今年はまだまだこれから満開、今週末頃見頃がやってきそうです。
e0062530_22112991.jpg
この時は天気も良くて調度満開で、それはそれは見事でした。その数約一千万本!規模からいっても、芝桜に引けを取らないですよこれは。
e0062530_22143482.jpg
遠目から観ると、赤い海苔が張り付いているかのような・・・不思議な景色です。
e0062530_221441.jpg
そのすぐ近くでは牛さん達がのんびりと、放し飼いになってくつろいでいます。秩父の牧場はけっこう優秀で牛乳も美味しいんですよ。絶品なのがすぐ近くの登谷牧場のソフトクリーム!休日とかには秩父高原牧場でも出しているようですが、確実なのは登谷牧場です。この味は山の上まで来ないと味わえません。でも、これを食べるためだけに足を運んでも良いかな~と(まあ、地元民だからですけど、さすがにサッとはこれない距離ですからねえw)思ってしまう。あー写真で紹介できないのが残念。今度はちゃんと撮ってから食べようっと。
e0062530_2228126.jpg
最後の写真はポピー畑からちょっと離れた秩父高原牧場こと彩の国ふれあい牧場入り口辺りからの眺めです。牧場名がどっちなんだとまぎらわしいけど、途中で変更したんだかなんだか表記名がリニューアルしきれてませんw
いやー実に高いとこまで登ってきたな~って眺めです。でもほんと、素晴らしいポピー畑は一見の価値有り。ここまで来る甲斐ありありですよ。

2008年5月17,18,24,25日ポピー祭り開催予定

秩父高原牧場ポピー畑情報http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BD28/gw.html
[PR]

# by chano-suke | 2008-05-20 22:42 |  

厄神様の藤の木 (寺尾)

e0062530_17214528.jpg
このー木何の木気になる木♪てな感じに通るたび目つにいてしょうがない。存在感のあるこの巨木は、荒川の対岸道路を走っているとポツンと急に現れます。本当はこの道を広げる時に、切り倒される予定だったんだとか。でも長年親しんできたこの地域の人達が猛反対し、残されることになったんだそうな。エライ!
e0062530_17262437.jpg
こんな素晴らしい巨木を切っちゃいけませんよ。しかもお膝元に厄神様が祭られているのです。その昔この辺りを災厄から守ったという言い伝えがあるそうです。だからこの付近は急にカーブを描いて木を避けて、いかにもギリギリって感じに道路があります。お参りしてしゃがむスペースもないのがちょっと無粋ですが、まあ致し方ないでしょう。でも祠にはちゃんと参拝の後がありましたよ。
e0062530_1729834.jpg
普段の巨木ぶりでも充分インパクトあるのですが、この時期は藤の花が咲き誇りなんとも華やかなんです。写真は去年撮ったものですが、調度5月9日のもの。今頃は花がたわわなことでしょう。元々の巨木は欅かな?それに藤の木が巻き付いています。ぶっとい枝振りは一体何年ものなんでしょう。軽く200~300年は行ってそうです。
e0062530_17351083.jpg
巨木のたもとには廃屋があり、昔はここに人も住んでいたんだそうです。裏には小さな池があってほとんど干上がっている感じですが、わずかに水が染み出ていました。なみなみとあふれる時もあるのでしょうか。

ゆっくり観賞する場所も無いってのもありますが、観光名所になってないのが不思議なくらいの放置プレイです。でもこういう素朴な存在の時が、一番私は好きかもしれません。
[PR]

# by chano-suke | 2008-05-09 17:41 | 巨木  

羊山芝桜 2008

e0062530_21235862.jpg
GWも今日でおしまい。そろそろ芝桜のピークも過ぎたころでしょうか。今年も相も変わらず大盛況だったようです。私は4月28日に足を運んでみました。この時はまだ7部~8部咲き位だったかな?でもみっちり咲きそろっているところはさすがに見事。美しかったです。
e0062530_21251969.jpg
余所にもあちこち芝桜公園が出来て来て、集客を取られるんじゃないかなんて声も地元じゃ出ています。でも、私は秩父以外の場所は写真でしか知りませんけど、今のところ秩父の芝桜が一番センスが良いんじゃないかなーと思っています。まあ地元びいきはありますけど、それを差し引いても、すり鉢状の丘で全面が一望できるところや、武甲山が鎮座している重厚感ある背景。そしてなんといってもこのパッチワーク模様が素晴らしいです。これは秩父夜祭りの囃子手の襦袢模様とその躍動感をイメージしてデザイン化したんだとか。角度を変えると色んな表情が楽しめるし、ほんとうに絵になります。考えた人エライなあ。
e0062530_21413759.jpg
訪れる人達の声に耳をすませると、感動して驚嘆する人、思ったより狭いとブーたれる人、同じ風景を見ても感じるところは様々なんだな~と毎度しみじみ感じる機会でもあります。広さ的には個人的にこれで調度良いと思ってます。手入れの大変さを知ってるせいもあるけど、自分ですみずみまで歩いて見学するには、これ以上広くっても辛いですわなw
e0062530_21515119.jpg
羊山は桜の名所でもあります。ソメイヨシノはおしまい、八重も見頃過ぎ、でもこの時はギリギリ枝垂れ桜が残ってました。私は枝垂れ桜の枝の中に入るのが大好きで、すかざすくぐってしまいます。名所はけっこう柵でくくられちゃったりしてますからねー。でもここは大丈夫。日に透けたピンク色のカーテン、いつまでも楽しませて欲しいです。
[PR]

# by chano-suke | 2008-05-06 22:00 |  

美の山公園の桜

e0062530_18291441.jpg
もう今年の桜は旬が過ぎてしまったなあ~結局じっくり花見はできないか・・・とあきらめモードの4月のある日。晴れ渡る向こうの山肌に、ピンク色のモコモコラインが伸びているのが目に飛び込んできました。この写真じゃ分かりづらいかな~。あれは美の山、桜の名所です。
e0062530_18325855.jpg
釣られるように車を走らせてしまいました。標高が高いとこなら、まだまだ咲いてる訳ですよ!
e0062530_1837281.jpg
e0062530_18391224.jpgどうでしょうこの桜のアーチ!これがえんえんと続くのです。8000本は植わっているとか。道路に敷き詰められた花びらにも、うっとり。
これが休日なんかに来た日にゃ頂上までの大渋滞ですからね~。

美の山はR140に沿うように、皆野~秩父市内へ伸びるなだらかな山ですが、見た目より標高は高いかもしれません。途中で耳がツーンとなります。
眺望が良いので、途中途中に展望スポットがあります。夜来ると夜景も楽しめますよ。

頂上には展望台と軽食のお休み処がありますが、この日はお休み。平日行動すると混雑は避けられるけど、こういうサービスは受けられないんですよね~。
e0062530_18403670.jpg

e0062530_18441646.jpg
ラストの写真は頂上で一番見事な桜の巨木。他にも桜はいっぱい咲いているのだけれど、みんなにチヤホヤ写真を撮られていました。満開たわわで調度良い見頃。ギュッとかたまりになって咲く花は何だか美味しそうでした。

美の山は何にも無さそうなところですが、もう少し走らせると、展望風呂がある宿泊施設「いこいの村ヘリテイジ美の山」があります。
桜も山桜や八重桜など種類がたくさん、山ツツジ、紫陽花も有名なスポットです。

美の山公園HPhttp://www.pref.saitama.lg.jp/A09/BA13/minoyama/minoyama_top.htm
[PR]

# by chano-suke | 2008-04-23 18:52 |