秩父紅(ちちぶべに)

幻の福寿草「秩父紅」。非常に珍しいオレンジ色の福寿草で、秩父地域独特の種なんだとか。私がその存在を知ったのはこの2,3年のことです。絶滅寸前だったのを一万株近く増やしたという話しで、それで耳にするようになったんでしょうな。そんな珍しいものは、花好きの私としてもぜひ観に行かないと!てなことで今が秩父紅盛りのムクゲ公園へ。
e0062530_1734396.jpg
e0062530_17341340.jpgいざ実物は・・・ほほ~渋いですな~。わびさび情緒の花といった趣。「赤い福寿草」とイメージしていくと地味な印象かも。色は朱~山吹色と幅があり、段々黄色に変化していくのかな?って感じです。しかし隣りに植えてある原種の福寿草(写真二枚目)と比べると明らかに色が違うのが分かりますね。天候が悪いと咲かなかったり、色味も不安定だったりと、けっこうデリケートな難しい花らしいです。だからこそ幻とも言われるのでしょう。e0062530_17443827.jpg

秩父紅は秩父で何カ所か観賞できるみたいです。吉田の福寿草園や横瀬でも観られるのかな?でも、株の多さはムクゲ公園が今のところ一番なんじゃなかろうか。秩父紅の鉢植えも売ってました。
ムクゲ公園自体は「強者共が夢の後」って感じの施設なので、正直大人500円の入園料は高いなーという印象だけど文芸館で甘酒をサービスしてくれたので、そこはちょっと割引気分で。甘酒美味しかったしw美術館も無料観賞できたけど、この内容で有料だったら入らないわなー。
ムクゲが満開の時期は確かに見事なのかも?でも、ムクゲっていくら種類が豊富でも金払って観るほどありがたい花じゃないだろうに・・・。100円とかならともかく。ブチブチ言ってますが、いやーこの公園何でこういうプロデュースで作ったのかなーと突っ込み所満載だったものでwただ、入ってみてけっこう眺めが良かったのは予想外。弁当でも持ち込んで一息つくのも良かったかも。

秩父紅見頃2月中旬~3月中旬 ムクゲ公園HP
[PR]

by chano-suke | 2006-03-07 18:19 |  

<< 座禅草(ざぜんそう) 秩父十三仏 伊豆沢文殊堂縁日 ... >>