鯉のぼりの里 (久那)

e0062530_1834425.jpg
e0062530_18192010.jpg鯉のぼりの季節です。秩父出身といえど、私の家は町中だったので子供の頃鯉のぼりを身近で見たことはありませんでした。景気は良かった頃なのに、電線のためでしょうね。鯉のぼり自体も流行らなくなって行った時期があったような気がしますが、でも最近は見直されてきたのでしょうか、それとも少子化で祝い事に手を掛けるようになってきたのでしょうか?ただ単に私が目にする機会が増えただけかもしれないけど、ここ数年少し町中を離れた場所を車で走っていると、時々おおっ!と見事な鯉のぼりが泳いでいるのに遭遇します。鯉のぼりって良いもんなんだなあと、大人になって初めて思った次第です。今やすっかり憧れの存在に。そんな鯉のぼりがわんさと空を泳ぐ「鯉のぼりの里」が秩父にもあるそうで、早速行って参りましたよ。e0062530_18265742.jpg
武甲山を背にたなびく鯉のぼり達はもう圧巻!とても絵になります。よく見ると武甲山に向かって右側の奥にもたくさん泳いでます。あんな谷に一体どうやって揚げたんだろう?すごいな~なんだか感動。これは「鯉のぼりをあげる会」という地元の鯉のぼり好きの方がボランティアで上げているとのことですよ。役目を果たした鯉のぼりの寄贈を募っているとの看板がありました。この「役目を果たした」というのがニクイフレーズですね。いつまでも続けて欲しいなあ。

この道は用がないと普通は通らない道なので、全然知りませんでした。もったいないのでぜひ見に行ってくださいな。特に男の子をお持ちのご家族!あんまり沢山車を停められるような場所は無いですけど、県道からの入り口に「鯉のぼりの里」と小さな案内板がありますよ。

追記:秩父にはこの久那の他に皆野親鼻と、横瀬の横瀬川(武甲の湯脇)にも鯉のぼりの里があるそうです。鯉のぼりは女の子のためにあげる、という風習が秩父にあるとニュースで言ってました。へ~聞いたことないなあー。

鯉のぼりの里 地図
[PR]

by chano-suke | 2006-05-01 18:59 | スポット  

<< 黒門通り (番場町) 羊山芝桜の丘 (大宮) >>