秋のミューズパーク 

e0062530_18484444.jpg
e0062530_18485590.jpg今日は濃い青空。あまりに良いお天気だったので、車におにぎりと愛犬を積み込み、ミューズパークでお昼と散歩を済まそうと出かけてきました。急に思い立ってもすぐ近く。しかし普段なかなかミューズパークへ出かけることはありません。それも勿体ないことしてるんだなあと、気付いてしまいました。
銀杏並木が綺麗だというのは知っていたのですが、紅葉の時期に改めて来たのは初めてです。パークを貫く全長3キロのスカイロードには、約500本の銀杏がずらり。こんなに見事だったんだなあ。大部葉が落ちて一番良い見頃は過ぎた感があるけど、まだまだ栄えてます。一枚目の写真は北口、旅立ちの丘近くの並木です。この辺には展望台や遊具があって、親子連れがはしゃいでいました。
e0062530_193619.jpg
e0062530_1931729.jpg少し南へ向かって歩くとメタセコイヤの木が渋いオレンジに紅葉していて、実に絵になります。ポイントポイントにある山モミジは緑から赤へ移行中。今年は赤が鮮やかなモミジが多くて嬉しいです。

もうちょっとだけ行ってみるか、と進んでラッキー。あれ?なんでこの時期に桜が咲いているの?と発見。全然知らなかったのですが、ミューズパークには冬桜が咲いていたのですね。冬桜の中でもこれは十月桜という種類だとか。十月桜は普通の冬桜と違って花弁が八重なんだそうです。約40本、音楽堂の周辺に群生がありました。見頃は10月中旬~12月一杯くらいかな?今調度良い感じ。春先には二度咲きするのだとか。
そして、音楽堂の隣りの何もイベントしてない野外ステージの客席でおにぎりを食べ一息。この周辺には山茶花が咲いていました。
e0062530_1915868.jpg
けっこう十月桜を目当てに観に来る人が多いらしく、あちこちで「十月桜はどこですか?」と訪ねる声を耳にしました。犬連れの私は一見してジモピーと狙われ、やれバス停はどこだ桜はどこだと聞かれましたよw ミューズパークはだだっ広い割に案内板が少ないようですね。常設店舗も少ないからパンフだって手に入り辛いことでしょう。またしても秩父の隙を発見なり。

テニスコートやコテージ、ゴーカート場や音楽ステージ、夏にはプールもありますが、基本的にここはひらすら広~い公園です。植物散策や散歩、サイクリング(レンタル有り)やピクニックに来るには良いところですよ。ジョギングやウォーキングの人も見かけます。駐車場、園内入場も無料ですしね。(Pは一部イベント時に有料のようです。)道が混んでなければ、駅から車で十数分あれば着く距離でしょうか。秩鉄秩父駅と、西武秩父駅からは循環バスが出ています。
しかし今年は初めてこの辺まで熊が現れた噂、あちこちに「熊出没、注意!」の貼り紙がありました。が、気にしてる人はいないようす。確かにまさかこんなところにねえ?って結びつかない呑気でさわやかな雰囲気でありました。熊出没は、山の実物が今年不作ゆえらしいです。来年は山の木の実が沢山実って欲しいものですなあ。ちなみにミューズパークの銀杏は実が無く、特有の臭さが全然ありませんでした。雄の銀杏みたいですね。(後で分かりましたが、匂いが弱いだけでバリバリ実がなります。この時は実がほとんど終わって片づけられていたようでした。)

ミューズパークHP
http://www.parks.or.jp/koen_main/chichibu/index/chichibu-muzu.html
http://www.chichibu.co.jp/kanko/park/myuzu/index.htm

追記:この記事を書いた後日衝撃的なニュースが走りました。ミューズパークは2006年一杯を持って、西武から秩父市へ無償譲渡決定!いきなり転がり込んだ莫大な財産な訳ですが、今のままでは赤字経営。第二の夕張ではと悲観する市民も少なくない様子。広大な施設を活かせるスキルは秩父市にあるのか、いや活かして行くしかない代物であります。どうするどうなる秩父!
http://www.seibu-group.co.jp/railways/kouhou/news/2006/1201.pdf
[PR]

by chano-suke | 2006-11-15 20:00 |  

<< 荒川新そば祭り 食べ放題200... 三峯神社  (三峯) >>