合唱曲「旅立ちの日に」/ミューズパーク旅立ちの丘 (久那)

卒業のシーズンです。今全国の中小学校で卒業式に一番多く歌われている合唱曲、「旅立ちの日に」をご存知でしょうか。この歌は秩父が発祥の地なのです。秩父市影森中学校の教員が、卒業生のために作詞作曲したのは1991年のこと。そこからじわじわと全国に広がり、今や「白鳥英美子&トワ・エ・モア」がCDを出し、今年の春NTT東日本CMでスマップが歌うまでとなりました。そんな私は卒業式といえば「贈る言葉」世代で、この歌のことは去年かな?地元なのにテレビのニュースでやっと知ったくち。「え?なんで秩父の学校が出てんの?秩父で作ったのこの歌?へえ~~!!」とえらくびっくりした次第です。
e0062530_17264949.jpg
e0062530_17271928.jpg写真はその偉業を記念して、2006年春、ミューズパーク北口に出来た「旅立ちの丘」モニュメントであります。登っていくと「旅立ちの日に」が流れるニクイ仕掛けです。音源はインストロメンタルじゃなくて影中生徒のコーラスが流れます。
武甲山を仰ぎ秩父市を一望。秩父から旅立つ者が、ここで故郷に別れの儀式と洒落込んだらぴったりの舞台かもしれません。まあ実際来ているのは観光客がメインですけど。
手すりには土鈴があちこち結ばれていて、願掛けや記念のメッセージが書かれています。最近ではミニ絵馬も登場したらしいです。五線譜をイメージした手すりに音符のように結ぶ、そんなアプローチだそうですよ。

「旅立ちの日に」は非常にスタンダードで素朴な、優しいイメージの合唱曲だなと思います。もしかして癒し系?求められるのは単純に良い歌だというだけでなく、そこに宿る先生達の真摯な想いがエネルギーとなって伝わるのかななんて思います。

●入園無料 ミューズパークHP
土鈴とミニ絵馬販売(各200円)は、ミューズパークの北口サイクリングセンター、スポーツの森コテージフロント、ミューズパークの南口の農林産物直売所、西武秩父駅構内、道の駅ちちぶ、秩父まつり会館、秩父札所巡礼のやかた、じばさんセンターにて。

●前回記事、秋のミューズパーク ミューズパーク梅園
●ミューズパーク梅園も見頃ですね。
2007年3月18日午前10時~午後3時梅まつり開催予定。
催しものは、郷土芸能 民謡 大正琴 農産物直売 野点 Cダンス 俳句短冊 幼児に風船プレゼントなど。
[PR]

by chano-suke | 2007-03-05 18:27 | スポット  

<< すまんじゅう 袋屋 (ふくろや... いろどり繭石鹸 >>