雪の武甲山 その3

e0062530_1439363.jpg
またまた雪の武甲山です。2月3日は秩父も大雪が降りました。うーん、ますます格好いい。大雪が降ることは少ないので、こんなシャッターチャンスは滅多にありません。ちょっと雲が晴れないのが残念だけど、しつこくまたカメラをもって走る!(笑)これは公園橋からのショットです。
e0062530_14402579.jpg
こうして見ると、秩父の街を抱えるようにそびえ立っているのが良く分かりますね。麓辺りで見上げるとほんとに山が目の前に迫って「うわー」って感じの迫力があります。こういう風な立地の独立山は珍しいのだそうです。全く削れていない昔の武甲山の写真を見ると、平地には民家も少なく遮るものも無くて、なんだか何かの生き物が丸くなってそこにいるみたいに見えました。まるで尻尾をながくした恐竜のような。雪が降って採掘後が浮き彫りになると、何かに背中をガブガブッとかじられたような感じにも見えます。
e0062530_14472733.jpg
削れていない武甲山の写真は、秩父では自宅やお店、いろんなところで飾られています。ウチの実家にもあります。ほとんどが、秩父の写真家故・清水武甲さんが撮影されたものです。写真集も出ていますが、最近宮側町の通りにギャラリーができたそうです。蔵を改造された「ギャラリーかみいし」、看板は出ていないようなのでまだどこだかわかりませんw
[PR]

by chano-suke | 2008-02-06 14:56 | 風景  

<< いちご農園 ミューズパークイルミネーション >>