カテゴリ:フルーツ( 5 )

 

アウローラ21

e0062530_20375664.jpg
秩父の葡萄農家は頑張っています。秩父山ルビーという新種が発売されているのですが、今年はすでに売り切れで入手できず。栽培が難しい上にまだまだ育っている数が少なくて、お盆頃の販売開始と共にあっという間に売り切れてしまうようです。そんな詳しいことも知らずに出遅れて葡萄農園へ出向いたのですが、思わぬ掘り出し物がありました。それは写真の「アウローラ21」!栽培に特許がいる品種で、日本ではまだ15軒の農園でしか栽培してないのだとか。市場にも出回ることが少なく、都内でさえもまだわずかしか取り扱われていない。当然秩父作っているのは一軒だけでして。またこれで入手困難になると嫌なので、詳しい場所は内緒ですよ~あしからず。まーでも、ネットの世界ではすぐ分かることですわな。

皮ごと食べれる種なし葡萄、一房2200円なり。これでも安いのを選りすぐって買いました。農園直販じゃなかったら、この三倍はお値段が張るという超高級葡萄であります。丈夫なふっとい枝にパツパツの実。シャリッとした食感、そして香り高く甘い!さすが!おいしゅうございました。

来年は幻の秩父山ルビーもゲットしたいものです。

秩父観光ぶどう農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/budoen.htm#top
[PR]

by chano-suke | 2008-09-09 21:03 | フルーツ  

いちご農園

e0062530_13223287.jpg
e0062530_13224841.jpgいちご狩りの季節も第一ピークを過ぎようとしています。でもまだまだ楽しめます。この季節がほんとうに楽しみなのです。マジで、スーパーで売っている苺なんて足下に及ばないくらい美味い!若干お値段は張っても農園産直の方がだんぜん良いです。いや、値段でいっても一パック500~600円なら決して高くないと思えます。贅沢なスイーツをお腹一杯いただくと思えば安い位。

食べ放題も行きましたが、最近はお土産用パックをいろんな農園で買って食べ比べをしています。秩父は30軒くらい苺農園がありますが、行ったことがあるのはまだその何分の一、どこが良いのかこうやって調べるのも一興だなと。食べ放題料金がじりじり上がっているのでこの方がお得かなあというのもあったりしますwそれでもこの時期は、週末なんてお昼に行っても食べ尽くされて振られることも多い訳で、お土産用をゲットするのも一苦労です。
同じ苺農園でも数㎞しか離れてないのに、味が全く違ったりするのですよ。これも驚きの発見。でもまだ20軒以上の苺農園がノーチェック、新たな開拓も進めようと思います。

朝摘み苺はまるで宝石のようにツヤッツヤです。スーパーで並んでいる苺なんて、ライトをあびてしょぼしょぼなんだなあと気付いてしまいます。苺は大きいほど値段が高かったりしますが、必ずしも味はそれに比例しないと思います。小さい方がギュッと味が濃かったりもする。なので自分用に買う時はあえて小さめのを選ぶことも多いです。

追記:最近いろんな苺農園を探検しているのは、ずっと贔屓にしていたところがなんだか味が落ちた気がしたからでした。先日、そこの農園のトップが亡くなっていたということを知りました。一番熱心に働いていた立場の人だったそうで。人の手のかけ方、気持ちのかけ方って如実に現れるんだなあと驚きました。

秩父いちご農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/ichigoen.htm
[PR]

by chano-suke | 2008-02-19 13:49 | フルーツ  

ヒムロット (葡萄)

e0062530_1551237.jpg
秩父土産にオススメしたい、ヒムロットという葡萄であります。パッと見は粒の小っちゃいマスカットといった趣。でも味はちょっと独特の風味です。酸味が少なくて甘く、種なし(シードレス)なので食べやすいですよ。お値段も標準1キロ700円とリーズナブル。
今がまさに旬、店頭に並び出してます。店頭といっても主に観光農園にてですけどね。後は西武秩父駅の仲見世通りや、地元特産物を扱う場所にありそうです。というのも一般の市場流通はほとんどしてない葡萄なんだとか。なぜかというと、果肉軟らかくて実がポロッと落ちやすいため。ヒムロットは薬品無しで種なしになる珍しい葡萄でもありますが、そんな訳で作ってる農家も少ないんだそうです。でも秩父には多いのですね。お土産のみならず、もちろん葡萄狩りも楽しめますよ。

ヒムロットを筆頭に、キャンベル、ベリーA、マスカット、巨峰、紅伊豆などなど、入れ替わり色んな種類の葡萄が登場します。

秩父観光ぶどう農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/budoen.htm#top
[PR]

by chano-suke | 2006-08-14 16:16 | フルーツ  

いちご狩り (秩父広域)

苺は春のイメージが一般的かと思いますが、ハウス栽培だと寒い内が美味しいと言われています。秩父には沢山の苺ハウス農園がありまして、今がまさに旬真っ盛りなのです。お腹空かせて苺食べ放題、行って参りました!
e0062530_19374495.jpg
しかし今日は土日連休の日曜日、お昼すぎには到着したのにすでに何件も食い尽くされておりました・・・。横瀬~吉田へとしばし放浪。4軒目に訪ねた下吉田の「あくと農園」でやっと食べ放題OKを発見!とはいえ残ってる種類は女峰オンリー、全体的に小ぶりの苺、でもでも、甘~い!ここのは甘みも酸味もハッキリしてて、苺の味が強い感じがしました。30分たらふく食べて満足満足腹パンパン。1300円(4月からは1000円)の元は取ったぞ。「あくと農園」は初めて来たけど、良い苺農園で良かったなあ。

しかし写真は先週行った福島農園のものですので悪しからず。福島は秩父には珍しい水耕栽培で、上下二段になっているのが食べやすいです。普通の苺農園は畑状で、土にはいつくばって食べますからね。日陰にある実が冷たくて美味しいので狙い目ですよ。

私は章姫(あきひめ)という種類の苺が好きなのだけど、これは少数派らしい。確かに出来が今一つだと寝ぼけた味になってしまう種ではあるが、バッチリ甘いともう最高!桃のようです。

秩父いちご農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/ichigoen.htm
[PR]

by chano-suke | 2006-02-12 19:55 | フルーツ  

紅伊豆 (葡萄)

e0062530_23105880.jpg特別産地として有名じゃないけれど、秩父の葡萄農家は優秀なんじゃなかろうか。今年は特に甘くて美味しいです。
一番出回るのが早いのは、黄緑色の種なし葡萄ヒムロット。粒が小さめで、その分実が詰まっているのかとても甘くて独特の風味がある。お値段もリーズナブルなタイプで人気があります。
この他、キャンベル、ベリーA、巨峰(甘い!)・・・などなど種類も豊富。今私が一番美味いと思うのは、写真にアップした紅伊豆だ。デリケートな実で皮も柔らかい。お値段もちょっとだけ高目。でも、あんま~い!

地元なのでわざわざ葡萄狩りはしたことないけど、観光農園は沢山あります。葡萄を買う時はその農園の直売所や、駅前のお土産屋へ。そう言えば、スーパーの果物売り場で地元の葡萄を見た覚えがないな。私が良く買うのは、ベルク公園橋店の公衆トイレがある四つ又をふれあいセンター方面に進むとすぐ途中にある直売所だ。そこは量が多くて安いし美味しい・・・って、ほんとジモピーじゃないとわからない道案内ですまん。

追記:地元情報によると、実は秩父は、お隣名産山梨とはまた違った葡萄の良い土壌があるのだそうだ。新宿タカノフルーツに納品している農家もあるのだとか。う~む、トボけた振りして侮れずよ。

秩父ぶどう農家http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/budoen.htm#top
[PR]

by chano-suke | 2005-09-16 23:29 | フルーツ