<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

長瀞紅葉ライトアップ2006

e0062530_1940144.jpg
長瀞紅葉ライトアップへ行ってきました。初めて足を運んだのですが、こ・・・こんなに素敵な空間が作り上げられていたとは・・・!感動~。
e0062530_19282084.jpg
期間は2006年11月11日(土)~26日(日)、私が行ったのは最終日でしたがモミジは調度良い見頃でした。この分じゃ後数日は昼間の紅葉が楽しめるのでは?長瀞観光協会の人は去年の方がモミジの色づきが良かったなんて言ってましたがいやあどうしてどうして、確かに赤味は薄目かもしれないけど、背も高いし葉の量もたっぷりで充分過ぎる位美しいですよ!ライトの色味もちゃんと間接照明風で実に良い感じです。
e0062530_19351548.jpg
e0062530_19353050.jpg「わあ~綺麗!」「ねえ~来て良かった!」と驚嘆の声を上げているおば様達もいらっしゃいました。でもカップルが一番多かったかな。若いのからお年寄りまで、確かにツーショットが似合うムーディなスポットです。
イベント日である最終日でしたが、覚悟してたより混んでなかったですよ。ミニコンサートが終わった後だったからかも。ほんとに小さなコンサートのようでしたが、ジャズ演奏だったそうな。この雰囲気の中の生演奏を見逃したのはちょっと惜しかったなー。
しかし去年は車と人の波で現場に近寄れず終いの騒ぎで、あれは何だったんだろうw一番人出がピークな時にだったのかしらん。今回は車で余裕で現地へ到着。駐車場も隣接の旅館の駐車場が解放されていたようです。

着いたのが19時過ぎ頃、帰る時にはポツポツ雨が降り出していました。小一時間もいたら非常に寒かったですw紅葉ライトアップは完全防寒で向かうべしですな。今年それは学んだぞ。
しかし今知ったのだけど、長瀞の紅葉ライトアップは宝登山神社周辺でもやっていたようです。私が行ったのは上長瀞の方だけ。ちっしまった!来年はどっちも狙ってまた行くぞ~。

長瀞紅葉ライトアップhttp://www.nagatoro.gr.jp/kouyou_lightup/index.htm
[PR]

by chano-suke | 2006-11-28 20:20 |  

荒川新そば祭り 食べ放題2006 (荒川)

荒川新そば祭りの前夜祭、今年で開催2回目の新そば食べ放題(11月18日開催)へ行ってきました。感動です!初回に比べてイベントが進化していましたよ。田舎のイベント企画は詰めが甘くてう~ん・・と思うことも多いのですが、ちゃんと改善や工夫が感じられたのは素晴らしいことでありますよ。
e0062530_2124172.jpg

具体的には渋滞イライラを巻き起こしていた天ぷら配りが一人一皿のチケット制に。荒川源流水での水蕎麦をお試しあれと、ペットボトルサービス付新アプローチも登場。水蕎麦とは水を付けだれにして食べる蕎麦のこと。前から一度食べてみたいと思っていたのですが、秩父でそれを味わえる機会を得るとは嬉しい限り。蕎麦つゆを付けなくてもけっこうイケるもんですね!蕎麦の香りが良く分かるし、なかなかオツなものでした。つゆを使う前に一枚水でペロッといけちゃいましたよ。
そして各机には味見用の蕎麦粉とモミジや野草を活ける気配りが。やっぱこういうのって大事です。司会進行もメリハリがあり、始まりと終わりに拍手が上がりました。去年はもっとダラダラしていましたからねー。蕎麦も前回は細いの太いの様々なタイプがありましたが、今回は安定した品質でした。配膳には若い女性が増えていて雰囲気も華やかさが増してます。

スムーズな配膳を考慮したためか募集定員は去年の半分、午前午後各50名で計一日100名になってましたね。かなり応募漏れした希望者がいたようです。これは年々人気が高まる予感。値段が1000円なのは変わらずです。
流れ作業で盛り具合はバラツキが激しく、量の少ない多いの差はけっこうあったものの、今年はわたくし6枚食べました。去年の倍です!天ぷらは一皿で充分ですね。その方が蕎麦が入ります。一時間じゃ時間短いかなー?とも思うけどこれで充分過ぎるくらい食べられるもんですよ。強者では11枚食べた人がいたようです。いや、もっと食べたと思われる若者もいたなあ~。こういうイベントは楽しいですな。そしてもちろん、美味しかったですから!いや満足満足。早朝4時から蕎麦打って用意したとのことですよ、ご苦労様です。ほんとご馳走様でした。
荒川蕎麦、今後益々のご発展をお祈り申し上げる次第なり。

荒川新そば食べ放題2005
荒川観光協会HPhttp://www.okuchichibu-ak.com/new/index.htm
[PR]

by chano-suke | 2006-11-27 22:16 | 祭り・イベント  

秋のミューズパーク 

e0062530_18484444.jpg
e0062530_18485590.jpg今日は濃い青空。あまりに良いお天気だったので、車におにぎりと愛犬を積み込み、ミューズパークでお昼と散歩を済まそうと出かけてきました。急に思い立ってもすぐ近く。しかし普段なかなかミューズパークへ出かけることはありません。それも勿体ないことしてるんだなあと、気付いてしまいました。
銀杏並木が綺麗だというのは知っていたのですが、紅葉の時期に改めて来たのは初めてです。パークを貫く全長3キロのスカイロードには、約500本の銀杏がずらり。こんなに見事だったんだなあ。大部葉が落ちて一番良い見頃は過ぎた感があるけど、まだまだ栄えてます。一枚目の写真は北口、旅立ちの丘近くの並木です。この辺には展望台や遊具があって、親子連れがはしゃいでいました。
e0062530_193619.jpg
e0062530_1931729.jpg少し南へ向かって歩くとメタセコイヤの木が渋いオレンジに紅葉していて、実に絵になります。ポイントポイントにある山モミジは緑から赤へ移行中。今年は赤が鮮やかなモミジが多くて嬉しいです。

もうちょっとだけ行ってみるか、と進んでラッキー。あれ?なんでこの時期に桜が咲いているの?と発見。全然知らなかったのですが、ミューズパークには冬桜が咲いていたのですね。冬桜の中でもこれは十月桜という種類だとか。十月桜は普通の冬桜と違って花弁が八重なんだそうです。約40本、音楽堂の周辺に群生がありました。見頃は10月中旬~12月一杯くらいかな?今調度良い感じ。春先には二度咲きするのだとか。
そして、音楽堂の隣りの何もイベントしてない野外ステージの客席でおにぎりを食べ一息。この周辺には山茶花が咲いていました。
e0062530_1915868.jpg
けっこう十月桜を目当てに観に来る人が多いらしく、あちこちで「十月桜はどこですか?」と訪ねる声を耳にしました。犬連れの私は一見してジモピーと狙われ、やれバス停はどこだ桜はどこだと聞かれましたよw ミューズパークはだだっ広い割に案内板が少ないようですね。常設店舗も少ないからパンフだって手に入り辛いことでしょう。またしても秩父の隙を発見なり。

テニスコートやコテージ、ゴーカート場や音楽ステージ、夏にはプールもありますが、基本的にここはひらすら広~い公園です。植物散策や散歩、サイクリング(レンタル有り)やピクニックに来るには良いところですよ。ジョギングやウォーキングの人も見かけます。駐車場、園内入場も無料ですしね。(Pは一部イベント時に有料のようです。)道が混んでなければ、駅から車で十数分あれば着く距離でしょうか。秩鉄秩父駅と、西武秩父駅からは循環バスが出ています。
しかし今年は初めてこの辺まで熊が現れた噂、あちこちに「熊出没、注意!」の貼り紙がありました。が、気にしてる人はいないようす。確かにまさかこんなところにねえ?って結びつかない呑気でさわやかな雰囲気でありました。熊出没は、山の実物が今年不作ゆえらしいです。来年は山の木の実が沢山実って欲しいものですなあ。ちなみにミューズパークの銀杏は実が無く、特有の臭さが全然ありませんでした。雄の銀杏みたいですね。(後で分かりましたが、匂いが弱いだけでバリバリ実がなります。この時は実がほとんど終わって片づけられていたようでした。)

ミューズパークHP
http://www.parks.or.jp/koen_main/chichibu/index/chichibu-muzu.html
http://www.chichibu.co.jp/kanko/park/myuzu/index.htm

追記:この記事を書いた後日衝撃的なニュースが走りました。ミューズパークは2006年一杯を持って、西武から秩父市へ無償譲渡決定!いきなり転がり込んだ莫大な財産な訳ですが、今のままでは赤字経営。第二の夕張ではと悲観する市民も少なくない様子。広大な施設を活かせるスキルは秩父市にあるのか、いや活かして行くしかない代物であります。どうするどうなる秩父!
http://www.seibu-group.co.jp/railways/kouhou/news/2006/1201.pdf
[PR]

by chano-suke | 2006-11-15 20:00 |  

三峯神社  (三峯)

e0062530_15565236.jpg
e0062530_15571031.jpg秩父三社の中の一つ、標高1102mの三峯山頂に鎮座まします三峯神社。1900年遡る古代、ヤマトタケルが山犬(オオカミ)に導かれてこの地にイザナギ、イザナミの命を祀ったのが始まりと言われています。霊験あらたか、「憑きもの落としは三峯」と言われる位、その筋では有名な力の強~い神社だという噂ですよ。実際そっち方面でお世話になったことはないですがw
眷属が狼とあって、狛犬が普通の神社と違います。凛々しいお犬様が格好いいです。昔は本当にこの辺には日本狼がいたらしいですね。近年になって目撃談もありましたが、その真偽のほどは不明。でも密かにいてもおかしくない雰囲気かも。e0062530_16204168.jpg

写真一枚目二枚目は今年の2月に撮ったもの。二枚目は奥の院を拝む遙拝殿からの景色です。えらいとこにあるなーという感じですよね。秩父中心地からは車で40~50分てとこでしょうか。駐車場の料金は普通車500円です。

私が三峯神社っていいなーと思う魅力の一つは、興雲閣という宿泊施設があってお風呂が温泉なところです。俗物丸出しでございます。もちろん日帰り入浴もできますよ。タオル付き大人500円なり。湯船は普通の大浴場のみで、大滝温泉から汲み上げている循環湯ですけど効能は充分高い。ツルッツルします。宿坊ならともかく、温泉が入れる神社なんてあんまり聞かないような気がするんだけど、それは私が知らないだけかしら。
e0062530_1649503.jpg
e0062530_1651103.jpg今年は三峯神社で紅葉ライトアップがありました。三枚目以降はその写真です。2006年11月5日、標高高く頂上に近づくに連れ紅葉の色が濃くなって行きました。
さっそくひとっ風呂あびて紅葉見学へ。でも湯冷めするので紅葉観てからお風呂、が賢明でしたwライトアップ中は日帰り入浴もいつもより遅く(20時半)までやってましたしね。

闇夜に浮かび上がる豪奢な社殿。素敵です。修繕が終わって実にゴージャスで華やかなお社になりました。前の渋い感じも好きでしたが、これはこれでやっぱり見事ですね。お社と山門と、お手水の屋根(写真6枚目)まで華やかに生まれ変わってますよ。悠久の時を重ねた杉の巨木の風格は相変わらずです。・・・ピンぼけなのがトホホですが。やっぱり夜景は三脚でもないと厳しいですな。
e0062530_16553542.jpg
ライトアップは、駐車場を背にして右手の広場と、左手の三峯神社社殿がメインスポットでした。この間がちょっと歩きます。途中紅葉がある場所はスポットライトがありますが、後は基本的に普通の夜道。道案内よろしく蝋燭をズラッと灯してくれたらさぞや良い雰囲気だろうな~。それにせっかくなんだからお犬様もライトアップして欲しかったですねえ。最初社殿のみかと思ってそのまま帰ろうとしてしまいましたよw いや~でも気付いて良かった。社殿の方が絵として風格がありますが、広場の方が紅葉が見事!立派なモミジが素晴らしく赤いじゃありませんか。ここ数年なかなか鮮やかな紅葉にお目にかかれないので感動です。おまけにこの日は十五夜、満月も葉を照らしています。最後の写真、ピカッと光ってるのはライトじゃなくてお月様ですよ。
e0062530_17212036.jpg
しかし、惜しいですこのライトアップ。なぜに夜間グラウンドを照らすようなビカビカのライトにしたのかしらん。もっとムーディなライトにして欲しいですよ。企画も素材も良いのにセンスがもう一つ。女優の美しさを生かすも殺すも照明次第と言われる位ですからね~。まあでも、今年が初めての試みとか。ぜひ技を磨いて、さらに来年再来年と幽玄の世界を美しく演出して欲しいものです。

三峯神社http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm
[PR]

by chano-suke | 2006-11-09 17:40 | 札所・神社仏閣  

中津峡の紅葉2006 (大滝)

e0062530_2027567.jpg
2006年11月5日、中津峡~大滝三峯方面へ紅葉を観に行ってきました。中津峡は秩父で一番の紅葉名所なのです。残念ながらこの時は曇り、鮮やかな紅葉を拝むには天候が役不足かな。でもさすがに三連休最終日の午後とあってこっち方面へ向う車は少なく、渋滞に見舞われることはありませんでした。ここのとこ例年紅葉がパッとしませんでしたが、今年はなんだか良い感じです。
e0062530_2033299.jpg
R140荒川~大滝辺りはまだまだ紅葉これからって感じ、でも中津峡はやっぱり色づきが違います。ループ橋を過ぎ、2,3個目のトンネルを抜けるといきなり山が鮮やかに!モミジなのかカエデなのか、ところどころ赤味の強い木があるとやっぱり絵になりますねえ。
本当は中津峡の旧道まで行った方が紅葉は満喫出来るのかもしれませんが、今回はサクサク三峯神社へはしごする予定なので雁坂トンネルより手前、赤い色の豆焼橋までを目標にしました。ここは橋の脇に駐車場とトイレがあるし、片側のみですが橋の歩道からは絶景が望めるとか。確かにベストポイントでしたよ。写真は全部豆焼橋から撮ったものです。

豆焼橋のちょっと手前には三峯神社境内の茶屋「山麓亭」の支店が出来てました。名物「いも田楽」がここでも食べられるとは嬉しいですねえ。またその近くでは広々とした建物が建築中、食堂兼お土産屋でもできるのかしら。だんだんこの辺も便利になりますね。
e0062530_20455268.jpg
靄ってせっかくの紅葉もベストコンディションでは観られませんでしたが、豆焼橋の下を覗いてびっくり!曇り空をものともしない鮮やかな紅葉が密かに存在していました。2枚目3枚目の写真が橋下です。もしかして一番綺麗な色が出てるんじゃないでしょうかね。川の水温とか、発色の条件が良いのかしら。まるで一枚の油絵のようです。温暖化や天候不順で年々鮮やかな色を拝むのが難しくなっている紅葉ですが、これが中津峡の本当の実力なんでしょうね。豆焼橋まで来たら忘れずに下まで覗いて観て欲しいです。・・・高所恐怖症には厳しいと思いますがね(笑

中津峡http://www.rurubu.com/season/autumn/koyo/spot.asp?SozaiNo=110012
[PR]

by chano-suke | 2006-11-07 21:00 |