<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

古代米ジャム

e0062530_1537939.jpg
秩父の名産品開発がここのこと活発ですよ。次々といろんな商品が誕生しています。その中の一つ、「古代米ジャム」をご紹介。こちらは秩父産の古代米で作られています。米のジャムって珍しいですね。薄い箱の中には小分けにパックされたジャムが入っています。合成保存料、合成着色料未使用なので品質を保つためでしょうか。ちょっとランチ用になど、持ち運びしやすそうです。

古代米というのは現代の白米よりずっと栄養価が高いのですよ。動脈硬化予防など薬膳効果が期待できるお米なのです。おまけにこのジャムには乳酸菌もプラスされていて、その数約500億個とか!ヘルシージャムですね~。

肝心のお味の方は、ほんのり穀物風味はあるでしょうか。ブルーベリーぽいなと思ったらエキスが入っているようです。なのでジャムっぽい酸味もあり、馴染みやすく食べやすい味。美味しかったです!私は秩父駅じばさんセンターでゲットしましたが、道の駅など秩父のお土産品売り場にはあちこち出回ってるようです。秩父産古代米の製品は、ジャムの他キャンディーなども発売されてます。

秩父で古代米が作られている場所は、私が知ってるところでは横瀬の寺坂棚田です。去年に引き続き今年も棚田学校に参加してしまいました。受講生の田植えは6月1日に行われる予定です。昔ながらの、一つ一つ手で植える田植えの風景が見られることでしょう。って自分は植える側の人な訳ですが(笑

寺坂棚田http://www2.tba.t-com.ne.jp/k181/
[PR]

by chano-suke | 2008-05-27 15:58 | お土産  

秩父高原牧場のポピー畑

e0062530_2272368.jpg
圧巻!「天空を彩るポピー」との謳い文句は伊達じゃありません。標高500メートル、皆野町~東秩父村にまたがる秩父高原牧場に真っ赤なポピー畑ができました。噂を聞きつけ初めて訪れたのは去年のこと。なのでこの写真は2007年のものです。今年はまだまだこれから満開、今週末頃見頃がやってきそうです。
e0062530_22112991.jpg
この時は天気も良くて調度満開で、それはそれは見事でした。その数約一千万本!規模からいっても、芝桜に引けを取らないですよこれは。
e0062530_22143482.jpg
遠目から観ると、赤い海苔が張り付いているかのような・・・不思議な景色です。
e0062530_221441.jpg
そのすぐ近くでは牛さん達がのんびりと、放し飼いになってくつろいでいます。秩父の牧場はけっこう優秀で牛乳も美味しいんですよ。絶品なのがすぐ近くの登谷牧場のソフトクリーム!休日とかには秩父高原牧場でも出しているようですが、確実なのは登谷牧場です。この味は山の上まで来ないと味わえません。でも、これを食べるためだけに足を運んでも良いかな~と(まあ、地元民だからですけど、さすがにサッとはこれない距離ですからねえw)思ってしまう。あー写真で紹介できないのが残念。今度はちゃんと撮ってから食べようっと。
e0062530_2228126.jpg
最後の写真はポピー畑からちょっと離れた秩父高原牧場こと彩の国ふれあい牧場入り口辺りからの眺めです。牧場名がどっちなんだとまぎらわしいけど、途中で変更したんだかなんだか表記名がリニューアルしきれてませんw
いやー実に高いとこまで登ってきたな~って眺めです。でもほんと、素晴らしいポピー畑は一見の価値有り。ここまで来る甲斐ありありですよ。

2008年5月17,18,24,25日ポピー祭り開催予定

秩父高原牧場ポピー畑情報http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BD28/gw.html
[PR]

by chano-suke | 2008-05-20 22:42 |  

厄神様の藤の木 (寺尾)

e0062530_17214528.jpg
このー木何の木気になる木♪てな感じに通るたび目つにいてしょうがない。存在感のあるこの巨木は、荒川の対岸道路を走っているとポツンと急に現れます。本当はこの道を広げる時に、切り倒される予定だったんだとか。でも長年親しんできたこの地域の人達が猛反対し、残されることになったんだそうな。エライ!
e0062530_17262437.jpg
こんな素晴らしい巨木を切っちゃいけませんよ。しかもお膝元に厄神様が祭られているのです。その昔この辺りを災厄から守ったという言い伝えがあるそうです。だからこの付近は急にカーブを描いて木を避けて、いかにもギリギリって感じに道路があります。お参りしてしゃがむスペースもないのがちょっと無粋ですが、まあ致し方ないでしょう。でも祠にはちゃんと参拝の後がありましたよ。
e0062530_1729834.jpg
普段の巨木ぶりでも充分インパクトあるのですが、この時期は藤の花が咲き誇りなんとも華やかなんです。写真は去年撮ったものですが、調度5月9日のもの。今頃は花がたわわなことでしょう。元々の巨木は欅かな?それに藤の木が巻き付いています。ぶっとい枝振りは一体何年ものなんでしょう。軽く200~300年は行ってそうです。
e0062530_17351083.jpg
巨木のたもとには廃屋があり、昔はここに人も住んでいたんだそうです。裏には小さな池があってほとんど干上がっている感じですが、わずかに水が染み出ていました。なみなみとあふれる時もあるのでしょうか。

ゆっくり観賞する場所も無いってのもありますが、観光名所になってないのが不思議なくらいの放置プレイです。でもこういう素朴な存在の時が、一番私は好きかもしれません。
[PR]

by chano-suke | 2008-05-09 17:41 | 巨木  

羊山芝桜 2008

e0062530_21235862.jpg
GWも今日でおしまい。そろそろ芝桜のピークも過ぎたころでしょうか。今年も相も変わらず大盛況だったようです。私は4月28日に足を運んでみました。この時はまだ7部~8部咲き位だったかな?でもみっちり咲きそろっているところはさすがに見事。美しかったです。
e0062530_21251969.jpg
余所にもあちこち芝桜公園が出来て来て、集客を取られるんじゃないかなんて声も地元じゃ出ています。でも、私は秩父以外の場所は写真でしか知りませんけど、今のところ秩父の芝桜が一番センスが良いんじゃないかなーと思っています。まあ地元びいきはありますけど、それを差し引いても、すり鉢状の丘で全面が一望できるところや、武甲山が鎮座している重厚感ある背景。そしてなんといってもこのパッチワーク模様が素晴らしいです。これは秩父夜祭りの囃子手の襦袢模様とその躍動感をイメージしてデザイン化したんだとか。角度を変えると色んな表情が楽しめるし、ほんとうに絵になります。考えた人エライなあ。
e0062530_21413759.jpg
訪れる人達の声に耳をすませると、感動して驚嘆する人、思ったより狭いとブーたれる人、同じ風景を見ても感じるところは様々なんだな~と毎度しみじみ感じる機会でもあります。広さ的には個人的にこれで調度良いと思ってます。手入れの大変さを知ってるせいもあるけど、自分ですみずみまで歩いて見学するには、これ以上広くっても辛いですわなw
e0062530_21515119.jpg
羊山は桜の名所でもあります。ソメイヨシノはおしまい、八重も見頃過ぎ、でもこの時はギリギリ枝垂れ桜が残ってました。私は枝垂れ桜の枝の中に入るのが大好きで、すかざすくぐってしまいます。名所はけっこう柵でくくられちゃったりしてますからねー。でもここは大丈夫。日に透けたピンク色のカーテン、いつまでも楽しませて欲しいです。
[PR]

by chano-suke | 2008-05-06 22:00 |