秩父札所第31番 鷲窟山 曹洞宗  観音院 (小鹿野)

e0062530_18551821.jpg秋海棠がたわわに咲く札所は32番だけかと思ってたのですが、31番も実は見事なのだということを最近知ったわたくしです。同じ小鹿野だし、もう15時半を回ってたけど、せっかく32番まで来たからついでにと足を延ばしてみました。
チラッと様子見て帰る位のつもりで。何せ31番は秩父札所の中で一番大変な場所にあるお寺、296段もの石段を上がらないと参拝出来ないのですから。
e0062530_18553450.jpg
が、仁王門の向こうにものすごい群生が駐車場からすでに見えるではありませんか!ちなみにこの仁王像は一つの石から作り出されたものとしては日本一の規模なんだとか。約4メートルはありますよ。明治元年作。仁王のお助け手形という祈願も出来ます。
e0062530_1984250.jpg
いやしかしすごいすごい!石段両脇にズラーッと、なんていう華やかな参道なんでしょう。花の中に沢山の句碑があります。
花をみると浮かれてしまう私はもうすっかり有頂天で、とりあえず咲いているところまで上がろうと登っていくと、まだ先にも、まだ先にもあんなに!と結局花に導かれるようにお堂まで着いてしまいました。いつも来るときは「大変なんだよなーここ」という思いがどこ吹く風でありますよ。31番へお参りする時は9月がオススメですね~。
e0062530_19203991.jpg
e0062530_19185311.jpg来るのが大変、とはいえここは札所の中でもお気に入りです。「鷲の窟(わしのいわや)」と呼ばれる大きな岩がなんといっても大迫力。そこに建つお堂の絵になること。すぐ左手には岩の上から流れ落ちる聖浄の滝があり、そのさらに左奥の岩壁には県指定文化財の鷲窟磨崖仏が。細かく彫られた沢山の仏像群は一見の価値有りですよ。鷲の窟の右手に回ると新生代第3紀(2千万年前)の地層があります。この化石らしき物体は一体何なのでしょう?
境内には鐘もあって、早速ひと突きをば。お寺の鐘は、紐で縛り付けてあったり突いちゃダメなとこも良く見かけますが、私は鐘突くのが大好きなのでOKのとこは嬉しいです。すかさず突いてしまいます。e0062530_19531515.jpg

奥の院は東と西にありますが、西は落石のため現在は進入禁止になっているようです。むかーし鎖づたいに登ったことがあって、なんともワイルドな参道でした。胎内くぐりや石仏群など見所も多いのでちょっと残念ですね。東の奥の院へはまだ行ったことがありません。
ともかく31番は、修験の地であった当時を今だリアルにしのばせるスポットでもあるのでした。

にしてもこんなに見事な秋海棠をなぜもっと宣伝しないのだろう。奥まった場所にあるとはいえ、テレビとかでガンガン取り上げられても良い位と思うのだけど。私が知らないだけかなー?とかく秩父は広報にぼんやりしている土地なのであります。

9月に小鹿野へ来たら、31番、32番ははしごでオススメです。あ、31番は拝観料かかりませんよw、花の量も31番の方が多いです。が、どちらの風情も捨てがたい。

秋海棠見頃:9月一杯位
秩父札所連合会HP31番http://www.chichibufudasho.jp/fudasho/otera-31/31.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-09-20 20:10 | 札所・神社仏閣  

秩父札所第32番 般若山 曹洞宗  法性寺 (小鹿野)

e0062530_20105465.jpg
地図を眺めると「般若」「嬲谷」とインパクトの強い地名の場所にあるお寺ですが、実は可憐な秋海棠(シュウカイドウ)が咲き誇るお寺なのです。今が見頃とはせ参じてきました。歴史を感じさせる見事な鐘楼門が迎えてくれます。背景のサルスベリが華やかさを添えていますよ。
e0062530_201448.jpg
e0062530_20251867.jpg門をくぐると、おおっ階段からもう花がたわわに!9月19日、天気は今ひとつだけど花の咲き具合はベストです。
ふと横を見ると「納経御朱印しない方からは拝観料300円を頂戴致します」の謹告が。え、いつから?以前来たときは無かったはずだけどw 秩父札所で拝観料徴収するお寺は、紅葉が盛り時期の8番だけかと思ってましたが。花の見頃の時期のみなのか、そうでないかは良くわからず。厳しいなーと思いきや、絵はがき持ち帰りどうぞと徴収箱がボンと置いてあって、見張りがいるわけで無し。こういうところは秩父らしくユルいままですね。もしかして仁王像の修繕費用にするのでしょうか?ともかくサクッと投入し、ご本尊の聖観音とお船観音を拝みさらに奥へ。ちなみにお船観音とは、笠をかぶって櫂を持ち船に乗っている珍しい観音像です。船に乗って現れたとの由来あり。
さてここからが秋海棠の本番です。舞台作りの観音堂へと続く階段は、もう一面の花畑!(写真2枚目)美しい~。
e0062530_20475934.jpg
e0062530_20535096.jpg秋海棠はベゴニアの一種ですが、ニュッとのびて垂れ下がる姿が独特です。三角形の蕾も面白いビジュアルですな。
階段には苔むす大きな岩をくり抜いて足場を作ったもの(写真3枚目)もあり、実に風情があります。こぢんまりとしたスペースではありますが岩壁を背にした観音堂も雰囲気たっぷりで、秋海棠が咲き乱れる中ボーっとしていると、なんだか幻想的な気分になってしまいます。

奥の院へ続く岩場をくぐり抜けるとそこにも秋海棠が。奥の院へはまだ行ったことないので軽い気持ちで進んでみましたが、なかなかワイルドな山道が続きます。行けども行けども終点が見えず。道もぬかるんでるし、今回は途中で諦めて戻って来ましたw e0062530_2118617.jpg
後で調べたら往復一時間はみた方がよろしいとのこと(あのまま強引に進まなくて良かった・・w)。途中、鎖伝いに登る岩壁に大日如来も祀ってあるとか。岩船観音を祀る頂上からの眺めも一興のようです。また改めて、がっつりハイキング使用で再チャレンジしてみたいと思いました。
32番には秩父札所の記録として非常に貴重な、長享2年(1488年)の秩父札所番付資料が残っています。現在の番号とお寺が違ったりしてですね、拡大した写しを境内に掲示してあるので比較するとなかなか興味深いです。

秋海棠の見頃は9月一杯位 
秩父札所連合会HP32番http://www.chichibufudasho.jp/fudasho/otera-32/32.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-09-19 21:56 | 札所・神社仏閣  

ヒムロット (葡萄)

e0062530_1551237.jpg
秩父土産にオススメしたい、ヒムロットという葡萄であります。パッと見は粒の小っちゃいマスカットといった趣。でも味はちょっと独特の風味です。酸味が少なくて甘く、種なし(シードレス)なので食べやすいですよ。お値段も標準1キロ700円とリーズナブル。
今がまさに旬、店頭に並び出してます。店頭といっても主に観光農園にてですけどね。後は西武秩父駅の仲見世通りや、地元特産物を扱う場所にありそうです。というのも一般の市場流通はほとんどしてない葡萄なんだとか。なぜかというと、果肉軟らかくて実がポロッと落ちやすいため。ヒムロットは薬品無しで種なしになる珍しい葡萄でもありますが、そんな訳で作ってる農家も少ないんだそうです。でも秩父には多いのですね。お土産のみならず、もちろん葡萄狩りも楽しめますよ。

ヒムロットを筆頭に、キャンベル、ベリーA、マスカット、巨峰、紅伊豆などなど、入れ替わり色んな種類の葡萄が登場します。

秩父観光ぶどう農園http://www.ksky.ne.jp/~kankonou/noen/budoen.htm#top
[PR]

# by chano-suke | 2006-08-14 16:16 | フルーツ  

ちちぶ花銀行 世界のひまわり園 (荒川)

e0062530_19135656.jpg
e0062530_1914423.jpg旧荒川村、上野田地区で咲いている世界のひまわり園です。1ヘクタールの敷地に約50種のひまわりが植えられています。ひまわりってこんなに種類あったの?と感心してしまいますよ。

数年前から始まったこの世界のひまわり園。それぞれ種類別に仕切られた畑はオーナーを公募して、皆で種を蒔くんだそうな。

e0062530_1925895.jpgまさに手作り手探りで年を積み重ねている感じです。最初の年なんてあんまり咲かなかったそう。

私が足を運んだのは今年で2年目、去年は畑によって管理や咲き具合がかなりまばらで、雨の後の散策路はぬかるんで歩くのが大変でした。今回はおがくずが充分引かれていたのでひと安心です。

e0062530_1933011.jpg
e0062530_19331089.jpg去年は協力金として入場100円でしたが、今年は入場フリーで募金制になってました。まあ、今のとこその位のユルさが調度良い花の管理具合かもしれません。
写真は7月31日に撮影したものです。全体的に去年よりずっと良く咲いてましたよ。2006年の一般公開は7月22日から8月6日、まだまだこれからが見頃です。アンケートに答えたら、世界のひまわりの種をもらえました。

e0062530_19472652.jpg
2006年8月6日には「ひまわり祭り」を開催するそうです。朝市、野菜市に、花の摘み取り、綿飴、ポップコーンの無料サービス、などなど。この日に来れば良かったかなー。

ちちぶ花銀行世界のひまわり案内http://www.chichibu.info/hana/htm/hima.htm

追記:2007年はひまわり畑やってなかったぽいです。企画終了~かしら?この時もらった世界のひまわりの種、今年家の庭で小さな花が咲きました。
[PR]

# by chano-suke | 2006-07-31 19:57 |  

秩父札所第25番 岩谷山 曹洞宗 久昌寺

e0062530_1313423.jpg
e0062530_13131511.jpg25番、久昌寺の弁天池に咲く古代蓮です。これは地元の人が数年前からボランティアで植え始めたんだとか。以前はゴミを置き去りにされることもあったり、少し荒れていたそうな。それがここまで見事な蓮の花が楽しめるようになったとは、なんとも素晴らしい話だなと思います。
仏像で蓮の花に仏様が座っているのは、どんな泥沼の中からも天に向かって大きく美しい花を咲かせることができる強さがあるからなんだそうですよ。まさにそんな情景が現れたかのようだなあ、なんて思います。
そんな訳で、手作りで少しずつ育てて行ってる花の園です。池の周りの道はまだ土のまま、雨が降るとぬかるんでしまうので、ハイキング使用の靴で来るのがオススメです。ベンチを作ってくれているのは嬉しいですね。私はお昼前くらいに行ったのでもう蓮の花は閉じ出しちゃってましたが、それでも調度見頃(7月23日)の週末のせいかポツリポツリ人は途切れず訪れていました。見料は特に集めてませんが、ぜひお堂を素通りせずにお賽銭を入れていって欲しいなあと思います。
e0062530_13285222.jpg
弁天池は2つありますが、古代蓮で一杯なのは奥の池だけです。手前の池に植えないのは、この池に映るお堂の姿が秩父札所の中でも貴重なビジュアルスポットだからなんでしょうね。四枚目の写真は別の日に撮ったものですが、天気が良く鏡のように映った時は本当に絵になります。でっかいパラボナアンテナが建っちゃったのが無粋で残念ですけどねー。もうちょっと景観を考えてやりくりして欲しいもんですよ。むーん。
e0062530_1329144.jpg
8月に入ると蓮の花は減ってしまうと思いますが、まだまだ見れそうかな?一つの花が大きいので、目の前でじっくり見るとやっぱり素敵ですよ。静かな山間なのでデートスポットとしてもオススメです。

古代蓮見頃7月頃 咲き時は早朝
秩父札所連合会HP25番http://www.chichibufudasho.jp/fudasho/otera-25/25.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-07-29 13:56 | 札所・神社仏閣  

川瀬祭り 2006

e0062530_1412469.jpg
毎年7月19,20日に行われる川瀬祭り。今年は連日の大雨でどうなることかと思ったのですが、一日目の午後辺りからは雨も止んでくれて、どうにか無事行われました。荒川も濁流で水位が上がっていたので御神輿洗いもこりゃあ中止かと思いきや、二日目には神事ができるだけの河原が見えるようになり、荒ぶる川の中へ御神輿が入って行きました。さすがに距離はいつもより短めですけど、流れが強いので大変そうでしたよ。私は秩父テレビの中継で見てたんですけどねー。二日目の夜にはまた雨が降り出しました。未だ梅雨は明けずです。

天候に恵まれず平日ということもあり出店も人出も少な目な今年の川瀬祭りでしたが、こうやって長雨の中、調度祭りの間に雨が上がるというのはご加護かなあなんて思いました。
曇天で中止となった花火打ち上げは、8月12日(土)に納涼花火大会として道の駅ちちぶをメイン会場に打ち上げるそうです。お盆だから帰郷する人はどうぞお楽しみに。この日は晴れるといいなあ。

川瀬祭りhttp://www14.plala.or.jp/shibazakura/kawasematuri.html
[PR]

# by chano-suke | 2006-07-25 14:20 | 祭り・イベント  

札所12番 仏道山 臨済宗南禅寺派 野坂寺 (野坂町)            

e0062530_16314455.jpg
札所12番は季節季節の花がとても綺麗なお寺です。春は桜が、雨期には紫陽花、藤棚や百合など色んな花が境内に植えられています。そして今は蓮が見頃。この蓮が、なんと大小120鉢に50種もあるのです!蓮が見られるお寺は他にもあって25番久昌寺も見事なのですが、これだけの種類が見られるのはこの辺じゃなかなか無いのでは。
e0062530_16371844.jpg
e0062530_16372754.jpg雨が降っているとどうしても花びらがクタクタになるので、まだ良い写真が撮れません。なので取りあえず一部を案内板でご紹介。蕾は沢山あったので、これからどんどん花が見れそう。ぜひ足を運んでくださいまし。蓮の花が見頃なのは基本的に朝の内ですけどね。

ご本尊は聖観音、境内には呑龍上人や弁財天、鳥獣供養観音菩薩なども祀ってあります。地元の人が両親の供養のため独学で彫り上げたという仏像群も門柱や一角に祀ってあり、これもかなりな迫力。不浄を焼きつくすという鳥枢渋摩明王が、トイレの前に鎮座しているのもなんかすごいです。
昔一度、こちらの中庭で上演された能楽風?な独り芝居を見に来たことがあるのですが、日本庭園を舞台にした演技はとても印象深いものでした。入り口には松明が炊いてあり、仏間の脇で観賞するので雰囲気も独特。花の手入れといい、ここの住職の趣味は粋だなあーと思います。

蓮見頃7月上旬~8月中旬 
秩父札所連合会HP12番http://www.chichibufudasho.jp/fudasho/otera-12/12.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-07-17 17:07 | 札所・神社仏閣  

2006 We Love T-shirt展 

まだまだ世間的には知られてないかと思うんですが、実は秩父はけっこうアート活動が盛んな土地なのです。陶芸、写真、絵画にイラスト、手作り雑貨、染め物、誌や絵本、そして音楽に演劇などなどと、趣味の範疇から仕事にする人までさまざまに親しむ人がいます。そんな活動のようすも、少しずつ紹介していけたらいいなあと思います。
e0062530_028917.jpg

と、そんな背景をふまえつつ、まずは「2006 We Love T-shirt展」をご紹介。イラストレーター、画家、造形作家、漫画家、デザイナー、写真家と色んな人達がデザインしたTシャツの展示&販売展です。上町の大通り沿いにあるトータルインテリアショップ「ワプラス」にて、もうすぐ、23日から開催します。このTシャツ展は今年で二回目の開催で、去年の一回目は随分盛況だったようです。もちろん私も見に行きましたよ。参加者は秩父出身の人のみならず、京都や東京など遠くから出展してた人も沢山いましたねー。一般の人や小さい子供が描いたイラストTシャツなんかもあって、参加応募は自由な感じでした。積極的に「デザイン」を楽しむ機会にできるような、素敵な展示だと思います。今年はどんなTシャツが揃うんでしょう?見学は無料、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいな。

開催2006年6月23日(金)~7月3日(月)
ワプラスHPhttp://www.mabushiya.com/#
[PR]

# by chano-suke | 2006-06-22 01:15 | アート  

蕎麦の花畑 (荒川)

e0062530_2054413.jpg
秩父の中でも、特に地域全体で蕎麦に力を入れているのが荒川村。いや、もう合併して村じゃ無くなったので荒川地区なのですが、長年~村と親しんでいた者としては呼称するとき微妙に口がモゴモゴ困る次第です。とそれはさておき、荒川には蕎麦畑が随分増えました。あちらこちら、R140号の道すがらなど隙間を埋めるように蕎麦畑が点在します。特に集中して見られるのが秩父鉄道武州中川駅周辺、上田野の蕎麦畑。ちょっとピークが過ぎてしまいましたが、今は夏蕎麦の花が綺麗です。
e0062530_2165327.jpg

写真は火の見櫓のある畑。武州中川駅からは徒歩約5分、R140からだとJA、そば道場の奥へ線路を渡って行くとあります。櫓はかなり年期が行ってて登るとギシギシちょっとヤバイ感じですが、大きな柿の木の陰にあってなんだか良い風情。下から見てるとそんなだだっ広い畑じゃ無いなーという印象だったけど、見渡せるとやはり奥行きがありました。
もう一カ所見応えありそうなのが定点カメラのある畑。武州中川駅からは徒歩15分位、R140からはガーデンカフェ「シーズ」の脇を入ります。私は車でサーッと流して眺めただけだけど、ひまわり畑の奥に沢山咲いてました。

秩父は蕎麦処ですが、秩父産の蕎麦というのはまだまだ少ないのですね。こだわって秩父産の蕎麦で出すお店もありますが、それは少数派。果たして産地の味の違いまでは私には分かりませんが、これからはもっとそんなお店が増えて行く土壌が出来るといいなあーなんて思います。

見頃:5月下旬~6月上旬
奥秩父荒川観光ガイドhttp://www.okuchichibu-ak.com/
[PR]

# by chano-suke | 2006-06-20 21:34 |  

金尾山ツツジ園 (秩父近郊・寄居)

e0062530_1222241.jpg
e0062530_1223247.jpg140号から山肌の大きな紅い塊を見つけたときは、長瀞の岩根山ツツジ園かな?と思ったのですがお隣の寄居でした。こんな近くに大きなツツジ園がまだあるなんて。前々から気になっていた金尾山のツツジ園、やっと今年観に行って来れました。
秩父鉄道波久礼駅から園入り口まで徒歩15~20分。杉林の向こうが紅く燃えて見えます。この杉林は昭和34年天皇陛下の全国植樹祭で植えられたもので、両陛下植樹の杉が別格でくくられていました。「金尾山」はその時有名になったとのこと。元々この山は1538年藤田重利築城と伝えられる鉢形城支城跡で、要害山とも呼ばれているそうです(観光協会チラシより)。なかなか歴史ある山なんですねえ。今でも遺構、旧跡が残っているそうです。山頂には阿久津智命、猿田彦命の二柱を祀った愛宕神社が。ブロック塀の非常に現代的な社でした。毎年4月29日には獅子舞や火の輪くぐりの祭典があるそうです。この時が一番良い見頃だとか。
e0062530_1225517.jpg
e0062530_123529.jpg私が訪れたのは5月7日、この日は北斜面満開で南斜面は枯れ初めていましたが、約一万株、樹齢200年以上と言われる真っ赤なツツジの海はそれはそれは見事でありました。山頂の展望台からは前後に街が見えてなかなか良い眺めです。駅から山頂まではゆっくり歩いて40分位でしょうか。そんなにキツイ坂じゃないし、ちょっとしたハイキングコースにはぴったりですね。駐車場は無いと聞いていたのだけど、麓からツツジ園までに3カ所スペースがありました。3年前から宣伝を始めたとのことで、その時から整備や手入れをし出したのでしょうか。入園料は管理協力金で気持ち100円、ボランティアの人が徴収してました。

ツツジ園と言うと綺麗に丸く刈り入れた場所も見事ですが、秩父周辺で観られるツツジの良さはのびのびと枝をのばした野趣あふれる風合いだと思います。金尾山ツツジは特に「朱」を満喫する場所。充分綺麗だと思ったのですが今年は疲れ年で少し色が白っぽいのだとか。当たり年は大体2年おきに来るそうで、来年2007年は目の覚めるような強い朱色が期待できそうです。また行かなきゃ。

金尾山ツツジhttp://www.chichibu-railway.co.jp/flo/yama.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-05-11 12:43 |  

小池煙草店 (番場町)

e0062530_18584580.jpg
e0062530_18585473.jpg「角の煙草屋」といいますが、ホントに煙草屋は角地が多いのはなぜだろう。今はもう閉店してますが、平成16年に登録有形文化財となった番場通りの煙草屋さんです。昭和初期に建築された店舗兼住宅。窓とか作りが凝ってて良い感じですね。そう遠くない昔、ここのおばあちゃんが存命の頃は普通に店舗として開店していたそうです。子供の頃ガンガンこの店の前を歩っていたのだけど、煙草には用がなかったせいかまったく覚えて無いのがちょっと残念。一時期私も煙草を嗜んでいたので、ここに買いに来てみたかったなあ。
秩父には現在、登録有形文化財に指定された建物が15件あるそうです。こういうのってどういう管理になるのか知らないけど、せっかく商店街に建ってるんだから閉めっぱなしにしないで再利用して欲しいもんですよ。煙草屋じゃなくてもさ。こんなことばっかり言ってますね私。

追記:夜祭りの日に番場通りを通りかかったら、この煙草屋がライトアップされていました。おお!一体いつから?普段の日の夜はやってないみたいですけど、見れてラッキー。実に良い雰囲気を醸し出しておりました。
e0062530_2245862.jpg
e0062530_22451673.jpg
秩父神社参道の番場通り、交差路角にあり 地図
[PR]

# by chano-suke | 2006-05-09 19:18 | 古い建物  

黒門通り (番場町)

e0062530_2030524.jpg
秩父神社参道である番場通りの一本隣りの「黒門通り」は、登録有形文化財になった銘仙出張所や、昭和レトロな佇まいが今も尚残る歴史深い一角。ラーメン屋や市場がオープンし、観光スポットとして活性し始めましたよ。古い建物が好きな人にはぜひ訪れて欲しいです。前からこういう秩父の古い街並みの充実度を望んでいた私としては、実に嬉しい限り。
e0062530_1934986.jpg
e0062530_19393050.jpg
e0062530_19373157.jpg一枚目の写真の建物のお店は、くるみだれが美味しい蕎麦屋入船と、BAR リーベ。リーベは雰囲気のあるBARなので好きなのですが、滅多にお酒を飲まない私はなかなか行く機会がありません。でもGW中は11~16時までカフェをやってくれるそうです。メニューはコーヒーとお菓子しかないですが、このチャンスにとお茶してきました。秩父にオープンカフェってなかなか無いから、これからも時々やって欲しいなあ。

黒門市場というのは新しくオープンしたお店ですね。ソフトクリーム(300円)が売ってます。市場の中には座敷があって、そこで上がって食べられるようです。お土産品も色々置いてあったみたいですが、中を覗かなかったんで気付かなかったw写真にはちゃんと写ってないですが、野菜やお土産品を売るテントも出てました。GWならではの賑やかさですねー。
e0062530_1455129.jpg
通り沿いには今はもう主がいないまま残された昭和の香り漂う建物もいくつかあります。廃墟同然の化粧品屋とかw私は味があって好きですが、せっかくならまま生かしてなんか店にして欲しいもんですねー。この↓「ビリヤード場」も開いていたのを私は見たことがありません。今もビリヤード台が残ってるのなら、遊技場としてイベント的に開けてくれないかな。
e0062530_19584015.jpg
黒門通りで新しい目玉といったら、ラーメン屋「黒門亭」です。秩父には凝ったラーメン屋が少ないので、活躍期待大。詳しくはまた後日レポートしますね。

黒門通りは色々栄えた名残がありますが、今は住宅街の趣で普段はそんな賑やかな通りではないのです。なのでいかにも作ったレトロスポットです、という風情じゃありません。その分まだまだ観光としては見応えが足りないかもしれませんが、生きた歴史がそのまま生活にとけ込んでいる空間と言えるかもしれません。
e0062530_20121580.jpg
黒門通り:地図 秩父鉄道秩父駅から徒歩約3分、西武秩父駅から徒歩約10分
秩父神社前のバス乗り場からすぐ裏 

追記:この黒門ラーメンはあっという間につぶれてしまいました!埼玉ラーメンマップにも載ったのに。ぎゃあ。現在は「うまい物や」として再オープンしております。まだ行ったことないけど・・。黒門市場は冬眠してましたが、シーズン中は開店しているようです。
[PR]

# by chano-suke | 2006-05-01 20:37 | 古い建物  

鯉のぼりの里 (久那)

e0062530_1834425.jpg
e0062530_18192010.jpg鯉のぼりの季節です。秩父出身といえど、私の家は町中だったので子供の頃鯉のぼりを身近で見たことはありませんでした。景気は良かった頃なのに、電線のためでしょうね。鯉のぼり自体も流行らなくなって行った時期があったような気がしますが、でも最近は見直されてきたのでしょうか、それとも少子化で祝い事に手を掛けるようになってきたのでしょうか?ただ単に私が目にする機会が増えただけかもしれないけど、ここ数年少し町中を離れた場所を車で走っていると、時々おおっ!と見事な鯉のぼりが泳いでいるのに遭遇します。鯉のぼりって良いもんなんだなあと、大人になって初めて思った次第です。今やすっかり憧れの存在に。そんな鯉のぼりがわんさと空を泳ぐ「鯉のぼりの里」が秩父にもあるそうで、早速行って参りましたよ。e0062530_18265742.jpg
武甲山を背にたなびく鯉のぼり達はもう圧巻!とても絵になります。よく見ると武甲山に向かって右側の奥にもたくさん泳いでます。あんな谷に一体どうやって揚げたんだろう?すごいな~なんだか感動。これは「鯉のぼりをあげる会」という地元の鯉のぼり好きの方がボランティアで上げているとのことですよ。役目を果たした鯉のぼりの寄贈を募っているとの看板がありました。この「役目を果たした」というのがニクイフレーズですね。いつまでも続けて欲しいなあ。

この道は用がないと普通は通らない道なので、全然知りませんでした。もったいないのでぜひ見に行ってくださいな。特に男の子をお持ちのご家族!あんまり沢山車を停められるような場所は無いですけど、県道からの入り口に「鯉のぼりの里」と小さな案内板がありますよ。

追記:秩父にはこの久那の他に皆野親鼻と、横瀬の横瀬川(武甲の湯脇)にも鯉のぼりの里があるそうです。鯉のぼりは女の子のためにあげる、という風習が秩父にあるとニュースで言ってました。へ~聞いたことないなあー。

鯉のぼりの里 地図
[PR]

# by chano-suke | 2006-05-01 18:59 | スポット  

羊山芝桜の丘 (大宮)

e0062530_17272898.jpg
ついに芝桜の季節到来です。私が足を運んだのは4月24日、月曜だというのにこの人出でした!まさかと思ったけどびっくり。この時で7分咲き。今調度満開でしょうか。
e0062530_17304467.jpg
e0062530_17311964.jpg今年は虫にやられた場所を植え替えたとかで、若干咲き具合のばらつきが目立ちますかね。でも、去年より雑草の手入れが行き届いている感じがします。これが大変なんだとか。今や芝桜は秩父の目玉の一つだもんなあ。ほんとご苦労様です。
羊山はどこからでも入れるので入場料ってのは特に無いけど、維持費ご協力100円で芝桜ポストカード2枚もらえます。(2007年より入場有料化です)e0062530_17594094.jpg
羊山は芝桜以外にも広々とした丘で、羊のいる牧場や、お弁当を広げるのにピッタリの芝生もあります。私が行ったときはギリギリ枝垂れ桜も残っていましたが、これからは八重桜が見事です。姫りんごの木も花盛り。珍しい鬱金の木(写真5枚目)は特産市場の入り口に。特産市場はこの時期のみ開催中、ここでは色んなお土産屋や屋台が出てるのです。e0062530_1872622.jpg

暑い日は「もろキュウ」が飛ぶように売れるんだとか。苺のテイクアウトもありましたねー。私は出張販売に来ていた地元のアイスクリーム屋クランツでジェラートを食べました。桜のジェラートが美味しかった♪
お昼を食べてから来たのだけど、特産市でおにぎりでも買って芝桜を見ながらランチにすれば良かったなー。
e0062530_18205292.jpgお稲荷さんのある丘には、ちびっ子が遊べるアスレチック広場と遊具があります。ターザンみたいにロープにつかまってザーッと降りてくる遊具が子供の頃マイブームで、良くここに通いました。今でもあるのが嬉しいな。

芝桜の丘まで、西武秩父駅からは徒歩15~20分位でしょうか。晴れたらすごく暑いので、帽子は被っていった方がいいです。坂がキツイとこがあるので、ぜひ歩ける格好で。行きは横瀬駅から歩いた方が坂がゆるやかで楽みたいですけどね。多分かかる時間は同じくらいかな?それと今年は無料のまちなか巡回バス(午前9時~午後5時、期間中のみ運行)が秩父神社~羊山まで運んでくれます。いろいろ整備されてきたもんだ。
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-27 18:29 |  

秩父庵玉木家 芝桜ろーる

e0062530_15124225.jpg
e0062530_15125850.jpg春になると登場する「芝桜ろーる」。創業七十余年、秩父の老舗和菓子屋玉木家のオススメ和風ロールケーキです。
さつま芋のペーストと生地のハーモニーが秀逸♪クセがなくて甘すぎないので口当たりが良く、ついパクパク食べてしまいます。ほのかなピンク色も春らしくて綺麗ですね。玉木家は秩父神社参道の番場通りにありますが、私は芝桜の特産市場でゲット。楽天で通販もしているようです。期間限定のスイーツなのでこの時期お見逃し無く!
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-26 15:33 | お土産