花の里 野土山の桜 (のつちやま・長瀞)

e0062530_1548125.jpg
e0062530_1548138.jpg秩父鉄道の電車からぼんやり景色を眺めていたら、山肌にピンク色の塊が。桜だよな~一体どこ?長瀞?宝登山の参道とは違うし、あんなすごいとこあったっけ?気になるなら行ってみましょうとフリー切符をフル活用して降りてみました。桜の塊に向かってずんずん歩き、宝登山神社に向かって参道の左側、道の脇をよく見ていると小さな案内板が「野土山」と出ています。大体長瀞駅から徒歩10分位?「のどやま」かと思ったら「のつちやま」と読むそうな。長瀞の隠れた桜の名所、超穴場とのこと。確かに長瀞の桜スポットなんて全部頭に入ってるつもりだったのに、知りませんでしたよ。電車から見つけなければ、今でも知らないままだろうなー。
e0062530_1643825.jpg
e0062530_1645027.jpgここの桜の樹齢はまだ15年位のこと。意外と若いんだなあ。一番上の写真は、郷土資料館旧新井家住宅の脇から撮ったもの。まるで撮影用のセットみたいなのどかな風景です。調度ベンチがあるので少し座ってボーっと眺めてしまいました。
野土山自体はゆるやかな丘で、軽~いハイキング気分の散策コースには調度いいかも。実際登ってみると桜の背が高いので、花が目に届くところに見えないのがちょっと残念ではありますが、実に静かで良い雰囲気です。桜が終わって新緑の季節も良い感じだろうな。5月中旬~6月中旬は、野土山の手前の畑が一面ハナビシソウ(ポピーの一種)で一杯になるそうな。この時期もまたぜひ来てみたい。

長瀞観光協会公式HPhttp://www.nagatoro.gr.jp/index.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-25 16:26 |  

秩父鉄道フリーきっぷ

e0062530_14472679.jpg
e0062530_156176.jpgお得情報です。三峯口~羽生までを運行する秩父鉄道には、「秩父路遊々フリーきっぷ」があります。発売当日限り秩父鉄道全線乗り降り自由大人1400円なり(急行やSL乗車は別料金が必要)。私は時々熊谷へ行く用事があるので、たまに電車で行くときは毎回これを買って乗ります。秩鉄のどの駅でも売ってるハズです。熊谷~御花畑駅を普通に買うと往復で1680円だから280円のお得。これは大きいです。時間に余裕があるときは、途中で降りてご飯を食べたり長瀞に寄ってみたり。見知らぬ街を散策と、行田まで足をのばしたこともあります。
しかし改めて、「御花畑駅」って名前もファンタジーですわな。子供の頃は変わった駅名だなんて思ったことなかったんですが。

秩父鉄道は古~い車両が走るこじんまりした規模の私鉄でありますが、駅舎は木造が多く残りなかなか味わい深い情緒があります。そのせいか時々ドラマやCM撮影に使われたりしてるのですよ。

秩父鉄道HPhttp://www.chichibu-railway.co.jp/
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-25 15:10 | スポット  

秩父十三仏 瑞岩寺のツツジ (黒谷)

e0062530_19111998.jpg
R140号から入ってすぐ、美の山の麓にあり、遠目にも目立つこの紫の塊になぜ今まで気が付かなかったんだろう。桜の時期の美の山なんて何度も来たことあるはずなのに。勝って知ったるつもりの秩父もまだまだ奥が深かった。秩父十三仏の一つ、瑞岩寺は絶景の岩ツツジ名所でありました!
e0062530_19152748.jpg
e0062530_19341280.jpg城跡といわれる瑞岩寺は裏山に県指定天然記念物の奇岩があり、その頂上一面が紫色に染まっています。ああなんて見事なんでしょう。規模は小さいにせよ、長瀞の岩根山ツツジにも引けを取らない趣ですよこれ。登山道には山桜や、これから咲くであろう赤いツツジの蕾も。維持費ご協力の竹筒があるのでチャリッと入れつつ、ロープを頼りに登ります。山頂は幅数メートル、全長はどのくらいだろう?100数十メートルくらいかな。登山といっても10分程度で登れる高さなんだけど、これがなかなかワイルドな道のりなので舐めてかかっちゃいけません。特に降りるときは腰が引けて途中でワーワー言ってる人多し。ヒールとかはNGでしょう!と思ってたら着物や赤ん坊を背負って上がってきた強者もいましたねw
e0062530_19342471.jpg
もうね、何が感動ってツツジの見事さはもちろんなんだけど、声を大にして言いたいのはこの眺望なのです!武甲山はもちろん、360度のパノラマビューですよ!ぜひ一番高いとこまで登ってぐるりと見渡して欲しい。羊山よりも、ミューズパークよりも、美の山よりも、二本木峠や宝登山や三峯山よりも、私が今知る限りの秩父ビュースポットの中で一番だと思います。この絶景は、ツツジが終わってからも一見の価値有りです。

ツツジ見頃4月上旬~中旬 地図
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-21 19:41 |  

清雲寺の枝垂れ桜 (荒川)

e0062530_17422767.jpg
今や秩父の名桜スポットとしてすっかり有名になりました、清雲寺の枝垂れ桜。雑誌やテレビの取材でも良く取り上げられています。私が行ったのはスポットライトももう終了~のギリギリだったので、主役の巨木のチームは葉桜になりだしていましたが、ピンクの方はまだまだ見頃の満開でした。夜ライトアップ中に見に行くとそれでも充分綺麗なので満足だけど、後一週間早く行けば白い花もピンクの花も両方良い感じに見れたかもなあ。
e0062530_17415546.jpg
e0062530_17504037.jpg樹齢600年は越えるというここの巨木。そんな何百年も昔から見事な様を誇りながら、こんなわんさか人が押し掛けるようになったのってこの10数年のことですよ。だって、私が初めて見に行った10数年前は天然記念物以外の桜は柵もくくってなく、木の数も今より少なかったし、駐車場もあんなになくて無料だったのです(今はこの時期のみ駐車料500円)。確かにその頃から見物客は来てたけど、枝垂れの下でピクニックが出来た位の呑気さですよ。その当時巨木を手術して元気復活させたと聞いたので、それまでは観賞に答えられない時代があったということなのかしら。ともかく、あれよあれよという間に完備され賑やかになりました。やっぱりマスコミ効果なのかなあ。でかいなあマスコミは。

奥秩父荒川観光ガイドHPでは、桜の咲き具合をリアルタイム画像配信してました。来年もやってくれるかな。タイミング良く見に行くにはかなり参考になりそうです。
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-21 18:15 |  

大内沢 花桃の郷 (東秩父村)

山道を迷い込んでいたら偶然発見してしまいました。山一つ越えた隣村が、こんな見事な花の里になっていたなんて!いや知らなんだ。ああもったいない。
e0062530_14403313.jpg
小川町に用事があって東秩父村へ訪れたのだけど、以前に来たのはもう10年以上昔のこと。一体いつの間にこんな花だらけに??というかこの一角をこの時期に通ったことが無かったのかもしれませぬ。
e0062530_14443687.jpg
e0062530_14445054.jpg行きはR140からR254のバイパスを通って小川町へ入ったのですが、帰りは気まぐれに山道を通って帰ろうと県道を村役場の方へ。いやほんと気まぐれて正解でしたさ。その小川町の道すがらも、庭先や道沿いに花があふれて実に綺麗だったのですよ。特にこの辺かなあ。桜、桃、山ツツジ、などなど民家と花がまるでパレットのように山肌を彩って思わずうっとり。やっぱりそこも車を停めて写真を撮れば良かったなあ。曇りだから見送っちゃったんだけど。
e0062530_1551153.jpg
山道に入り、牧場を通り過ぎ、二本木峠に出てなんだかだんだんどっちが秩父方面か分からなくなって迷い込んだのが写真にアップした大内沢。大雑把ですがだいたいこの辺です。狭い峠道の一角が、行けども行けども花、花、花。ついに山間に大きく広がる桃畑に突き当たり、たまらずカメラ小僧出動となりました。といってもゆっくり駐車できるスペースも無いような道端でバタバタあわててシャッターを切りまくった訳ですが、住民らしきおばあちゃんと少しお話ししてみたら、畑なんだそうです。出荷用ということですか。でも花畑に道を作るだか作っただかと言ってました。一応観光としてもやってってるのかな?ググッてもろくに案内が出てこないけど、まあそんな沢山人が押し掛けられるような場所では無いわなあ。でも分かんなかっただけで、どこかにちゃんと駐車や散策スペースがあるのかも。
寄居の県道には、峠の入り口に「大内沢花桃の郷」という大きな看板がありました。まだまだ見頃、この辺の近所の人はドライブに行ってみてはいかがでしょう。
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-13 15:31 |  

羊山公園の桜 (大宮)

羊山といえば秩父の民の憩いの場。子供の頃は遠足と来たらいっつも羊山で、「また羊山なの~?」なんてありがたみも薄かったりしたんですが、やはりなじみ深い場所。山というより丘の気楽さもありますかしら。最近は芝桜で有名になったけど、桜の名スポットでもあるのです。
e0062530_158476.jpg
e0062530_1581780.jpgこの日は残念ながら曇り。雨も降っちゃったしちょっとピークは過ぎた感あるけど、でもまだまだ充分楽しめる位の花は残っていました。
西武線の電車からも羊山が見えるのですが、この公園の周り中いかに桜にあふれているか良くわかります。市内を一望出来るのは、芝桜とは反対側の丘の方。こちらはソメイヨシノがメインです。一角には主に棟方志功の作品を展示した美術館「やまとーあーとみゅーじあむ」もあります。芝桜の丘の方は、枝垂れ桜や八重桜(咲く時期はもっと後だけど)など色んな花があるので色味としては華やかかも。でもやっぱり、眺望の良さでいったらこちら側の丘ははずせません。まあ、時間があるときはだいだい両方寄ってるかなー。
e0062530_2134921.jpg
夜は提灯に灯りがついて、宴会する人もやってきます。芝桜がピークになると、この辺は交通規制やら渋滞やらでえらいことに。そんな嵐の前の隙を見てブラッと寄ってみた次第。

羊山公園地図 西武秩父駅から徒歩約15分 入園無料 P無料(芝桜の時期はP有料、一般車両交通規制あり)
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-13 02:23 |  

札所13番 旗下山 曹洞宗 慈眼寺 (東町)               

e0062530_19262141.jpg
e0062530_19283438.jpg「のの様に~あげましょきれいなお~み~ず~」と「のの様」が観音様のことであるのもわからずに、朝の行事で歌っていたのは5才の頃。13番の幼稚園に私は通っていたのでした。
幼いながらも本堂の中で厳粛に正座をした緊張感は、今でも良く覚えています。あのころはお寺と幼稚園の境目がなく境内に遊具があって、幼稚園を卒園しても公園代わりに良く遊びに来ていたものだ。石造りの蓮によじ登り、本堂の階段を椅子にして、今更ながら仏様のお膝元で遊ばせてもらっていたんだなあと感慨深い。今はお寺と幼稚園の敷地がキッチリ分けられてしまったのが、卒園生としてはなんだか淋しい気がするけれど。それでも、幼い時の仏縁というのはのちのち財産になるであろう。13番は町中の中心地にある、住民にとても身近な仏様なのだ。

春は桜が見事なお寺。枝垂れも何本かあるけど、ここはソメイヨシノが主役ですな。境内には雷で大穴の空いた枝垂れがあったのだけど、いつのまにか無くなっていました。

この日は一日で25番のカタクリ、荒川のレンギョウ、そして13番へ。いやあちこち行きましたって気分だけど、サクサク移動すれば車で小一時間のコース。こじんまりの良さはこんなとき噛みしめるのでありました。

秩父札所連合会HPhttp://www.chichibufudasho.jp/
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-06 20:12 | 札所・神社仏閣  

レンギョウの咲く道 (荒川)

e0062530_18213313.jpg
e0062530_1822098.jpg荒川の裏道に、レンギョウがずらーっと咲き誇る道があります。いきなり現れる黄色い道はなかなか圧巻。思わず車を停めてしまうのか、密かにスポットとなっているのか、ポツリポツリと切れ目無く花を楽しんでいく人を見かけます。数十メートル、いや橋のたもとの梅や桜まで含めたら数百メートルかな?庭先に花咲く道はあちこちあれど、この一角は別格の充実度ではなかろうかと思いますよ。
e0062530_18405839.jpgレンギョウの向こうの緋桃も、満開になったらさぞ鮮やかなことでしょうな。少し散策すると花畑が広がっているのも発見。思わず吸い寄せられてしまいます。でも忘れちゃいけません、この一角はあくまで個人の領域。駐車場がある訳でなく案内がある訳でもないのです。レンギョウの道も決して広い訳ではないのでして。なので詳しい場所は内緒ですが、秩父は道が少ないのであっさりばったり見つかりそうですw
お邪魔にならない程度にさりげなく、花を愛でる心のお裾分けをご相伴させてもらいました。e0062530_1822331.jpg

秩父の花スポットはinouemさんのブログでもたくさん紹介されています。私もよくこちらから情報をゲット。カメラマンならではの穴場情報や、美しい写真が充実のオススメブログです。
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-06 18:57 |  

札所25番 岩谷山 曹洞宗 久昌寺 (久那)

25番のカタクリも観に行ってきました。「どこに咲いてるのかなー?」と探しつつ池の周りを進むと、すぐ道脇に紫の群生が!進めど進めど、見上げる山肌一杯にカタクリの花が続きます。思ってたよりずっと沢山咲いていてびっくり。カタクリって繁殖力強いのかしら?
e0062530_1734396.jpg
e0062530_17345872.jpg
もしかして、長瀞の「かたくりの郷」に決して引けを取らない見応えかもしれません。ただ長瀞は歩道が造られている分花が近くで見やすいし、花自体も大ぶりです。25番は、自生ならではの野趣あふれる風情がそのまま残っています。有料無料の違いもありますが、どちらが好まれるか興味深いところ。私は25番の方が好きかなー。このお寺の雰囲気自体が好きだし、より自然なまま観賞できるのは嬉しいです。e0062530_1757154.jpg

境内には色とりどりの花が咲き、枝垂れ桜の蕾も膨らんでいました。もう今頃は大部咲きだしたでしょうか。夏には池の古代蓮が見事です。秋には曼珠沙華も咲くのかな?何度も足を運ぶ楽しみがあるお寺です。25番は秩父札所の中でも絵になる場所として有名ですが、そのビジュアルスポット撮影は、またその時の機会に取っておきます。

秩父札所連合会HPhttp://www.chichibufudasho.jp/
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-06 18:11 | 札所・神社仏閣  

かたくりの郷 (長瀞)

秩父にはあちこちカタクリが見られる場所がありますが、長瀞の「かたくりの郷」は関東最大の群生だそうです。確かにこれは圧巻ですよ。登れど登れどカタクリの花、花、花。一万株、約5万もの花が斜面一面調度満開、いや~見応えありましたさ。
e0062530_21583081.jpg
山肌といっても駐車場からはすぐ、歩道も緩やかなので歩くのが大変てほどではないです。にしてもこれだけの群生が広がるには一体どれだけの年月がかかったのでしょう。いつから公開を始めたのかも知らないけど、それまではずっと封印されていたんだそうな。だからこそのびのび繁殖できたんでしょうね。
e0062530_2219028.jpg
カタクリはデリケートな花で、陽が差さないと花びらが開かないとのこと。この日は曇りで雨が降った後だったので、満開といえどほとんど下向いて閉じちゃってたのがちょっと残念です。やっぱり花びらがピーンと跳ね返ってる方が絵になりますな。e0062530_2221570.jpg

向かいの道光寺の枝垂れ桜も大きくて綺麗。有名所は柵にかこまれちゃってる場合が多いけど、ここのは枝のカーテンの中に入れて嬉しかったな~。
この時期荒川の対岸道路を長瀞~寄居方面へ走ることって滅多にないのだけど、梅や桜がけっこう楽しめてびっくり。なんだ知らなかったよ。長瀞駅周辺の桜はまだまだなのに、こちら側はもうほとんど満開。「かたくりの郷」へ着くまでも花見気分の、なかなか良いドライブコースでした。

かたくりの郷HPhttp://park18.wakwak.com/~inoue.co.ltd/
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-02 22:50 |  

札所16番 無量山 真言宗豊山派 西光寺 (中村町)

16番の枝垂れ桜が咲きました。調度良い見頃で観れたのは初めてです。何度か桜の時期に足を運んでみたものの、いつも終わりかけ。実はここは秩父の枝垂れ桜スポットで一番早く咲くんだとか。なるほどそういう訳だったか。
e0062530_14194974.jpg
e0062530_14201592.jpg秩父の札所はみんなこぢんまりしていますが、そんな中でもここは手入れも良くて、非常に充実したお寺だと思います。桜の向こうに写るお堂は、今も無数の釘跡が残る秩父最古唯一の納札堂。貴重な史跡でもあるのですよ。
ご本尊は千手観音、敷地内には金比羅様や四国八十八カ所の仏様の出張回廊がぐるり。四国からいただいていた砂を埋めた御砂場を踏んで回廊を巡れば、四国霊場をお参りした功徳にあやかれるという訳ですな。e0062530_14273468.jpg 






他にも酒樽大黒や、飲んべえでお釈迦様に波紋にされそうになった「びんずる仏」が鎮座してたり、もしかしてここの住職は酒好きなのかしら?(笑)一度住職が左右両手同時に筆を動かしながら墨絵を描いていたのを目撃したことがあって、芸達者ぶりに感心した覚えがありますよ。
毎日三合飲んでも30年は飲めると言われた大きな酒樽で作られたお堂は、草葺き屋根の素朴な風情が。沢山名刺が挟んであって、人気もののようです。

e0062530_14333710.jpg

梅はもう終わりかけだけど、境内にも参道や駐車場にも紅白の梅が植えられていていて、春の16番は実に華やかです。隣の保育園の庭をぐるっと囲んだ桜も今にも咲き出しそう。「この先のスーパーへ行くついでにこっちに寄る」とジモピーらしきオバ様達、その気持ち分かりますねー。私も郵便局へ行くついでに眼福です。
仏様が日常に溶けこんでいる霊場で生活をしているのだなあ。改めてそんな風に思った次第です。

秩父札所連合会HPhttp://www.chichibufudasho.jp/
[PR]

# by chano-suke | 2006-04-01 15:02 | 札所・神社仏閣  

秩父札所巡りブログ

検索してたら素晴らしい秩父札所巡りブログを発見。
まだ24才の若さで34カ所全行程徒歩、しかも野宿!行き交う人々とのエピソードや、独自の視点が堅すぎず軽すぎずの読みやすい文章で簡潔にまとめられています。私自身札所にそんな詳しくないのだけど、初耳の逸話や裏話しにふんふんとうなづいてしまいました。道行く情景もリアルに目に浮かんできます。秩父札所に興味のある方にぜひお勧め。面白かったです。
http://ripples.blog12.fc2.com/blog-date-200208.html
 
[PR]

# by chano-suke | 2006-03-30 19:59 | 札所・神社仏閣  

札所24番 光智山 臨済宗南禅寺派 法泉寺 (別所)

24番の入り口に梅が咲いていました。私の好きな豊後梅。札所巡りは春が一番良いよなあと思います。24番が面する道路もあちこちの庭先で色とりどりの花が咲き誇り、車を走らせるのが楽しみな季節。思わずスピードもゆっくりになります。
e0062530_18304620.jpg
ご本尊は聖観音菩薩。建物は正面を少し直したようですが、江戸中期作とのこと。ご詠歌は「天照す神の母祖の色かへて なおもふりぬる雪の白山」、絵馬物語にも白山観音が登場し、加賀の白山神社にとても縁あるお寺のようです。案内にも「養老元年の昔、越前の大徳泰澄が夢のお告げにより、この霊地に加賀の白山を勧請したものといわれ、本尊も当山より現れし観音像を安置奉祀したといわれます。」 とあります。
e0062530_1831468.jpg
e0062530_18314539.jpg特徴的なのが116段もある急な階段。気軽にお参りするにはちょっと腰が引けてしまうけど、その甲斐あってここからはなかなか眺めが良いのです。境内にはゆったりとした四阿があり、ハイキング風のグループがお弁当を広げてました。

階段下には「松水とうふ」という美味しいお豆腐屋さんがあったんですけど、残念ながら閉店してしまったそうです。もっと買いに来れば良かったなあ。夏に出る豆腐アイスも、結局食べられず終いでがっくり。こんなところでお店やってて人が来るのかなー?とか思ってたんですが、何年も頑張っていたので「いつでも食べられるさ」とちょっと高をくくってました。またどこかで再開してくれれば良いのだけど。なんだかちょっと申し訳ない気分。

秩父札所連合会http://www.chichibufudasho.jp/

追記:24番の豆腐屋さんは別の店主さんが開店してました!前とはまたタイプが違いますが、オリジナルな商品もあるようです。繁盛してくれるとよいですね。
[PR]

# by chano-suke | 2006-03-30 19:40 | 札所・神社仏閣  

ミューズパーク 梅園 (久那)

秩父の梅園といったらデカイのは宝登山かミューズパーク。でもミューズパークの梅園の方が家から近いのでほぼ毎年観に行きます。ゆっくり中を歩けない時でも、梅園脇の道路を車で走るのがこの時期は密かな楽しみ。約15000平方メートルの敷地に15種類、600本もの梅が咲き誇り!種類は宝登山よりずっと少ないけど、紅白の梅と黄色のサンシュユがポイントに良いあんばいで彩られ、そりゃあ横目でうっとり(あぶないぞw)なのです。
e0062530_17551061.jpg
白加賀(しらかが)・唐梅(とうばい)・豊後梅(ぶんごうめ)・鴛鴦(おしどり)・・・今年は初めてまじまじあちこちで梅の名前までチェックしてみましたが、自分が一番グッと来る梅は豊後梅(写真一枚目左手前)だなーと発見。ガクの部分が綺麗な赤味で、蕾の状態からチラリと咲き出すのがすごく絵になるんです。一つの木から紅白の花が咲く梅があるけれど、あれは「輪違い」、通称「おもいのまま」というそうな。思いのままか~なんかナイスネーミングですなー。
e0062530_181081.jpg
e0062530_182594.jpgこの日は2006年3月26日(日)、実に良い見頃でした。蕾もあるから、まだまだ充分楽しめそう。さんざ歩く人々から漏れ聞こえて来るのは「お弁当持ってくれば良かったねー」という言葉。いやホントにその通りで、ここはなだらかな丘に芝生が敷き詰められていて、あちこちで昼寝をしたり弁当広げたりしている人が。平和な風景です。梅園内には飲食販売店が無いので、抜かりなく用意して来たいところ。けっこうマックで買ってきてる人も多かったw
e0062530_1827166.jpg毎年3月中旬位にここで「梅祭り」が行われているのですが、私はまだ足を運んだことがありません。野点や演奏会、縁日の出店なんかが出るみたいですがどんなだろう。いつもタイミング合わなかったり忘れちゃったりするんで、一度はこの時に来てみたいなー。

にしても旬の日曜、見学も駐車も無料なのにチラホラ適当な人の入り。もっと混み混みでもおかしくないのになー。あんまり知られてないのか、駅からちょっと遠いからなのか?もったいないと思う反面、こんなもんで良い、あんまり人が押し掛けちゃ困るとも思ってしまう我が庭気分のジモピーなのでした。

ミューズパークHPhttp://www.chichibu.co.jp/kanko/park/myuzu/index.htm
[PR]

# by chano-suke | 2006-03-27 18:45 |  

宝登山神社 (長瀞)

秩父三社の一つ、宝登山神社です。1900年近くもの歴史がある古社であります。R140沿いにそそり立つ大きな白い鳥居が参道の入り口。子供の頃は駅から神社まで運んでくれる馬車に乗るのが楽しみでした。今は見かけないけど、トップシーズンは運行しているのかなー?
e0062530_11572972.jpg

宝登山の麓、静かな森林の中に社殿はあります。こちらにも白い大きな鳥居が。御祭神は神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)大山祇神(おおやまづのかみ)火産霊神(ほむすびのかみ)。商売繁盛、家内安全、火災盗難除けなどの御利益が。火にまつわる辺り、元々の由来「犬が火を止めた」で「火止山・ほどさん」をしのばせますね。えーと、詳しい由来は神社のHPの「御由緒物語」をどうぞw簡単なアニメ仕立てになっててちょっとびっくり。
e0062530_1225867.jpg
社殿の彫刻も見事です。訪れた際はじっくり観賞して行って欲しいかも。「宝登山」という縁起の良い名前のためか、秩父三社の中でも特に人気が高いみたいですね。
e0062530_123930.jpg
それからここは神社には珍しく、境内に玉泉寺というお寺もあるのです(写真は神社のみですが)。明治の神仏分離を上手に乗り越え、日本古来の融合を今に伝える貴重な社でもあるのですね。

宝登山神社HPhttp://www.hodosan-jinja.or.jp/
[PR]

# by chano-suke | 2006-03-22 12:15 | 札所・神社仏閣